自己処理する人は要注意! 埋没毛ができる原因と処理方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

埋没毛について

埋没毛に悩む女性
永久脱毛をしない限り毛深い人ほど、ムダ毛のお手入れの仕方で悩んでしまうことがあります。

しかし素人がカミソリやシェーバーにてムダ毛を処理してしまいますと、稀にですが埋没毛になってしまうこともあります。

埋没毛とは、文字通りにムダ毛が皮膚の中に埋まってしまうことで、酷いと埋まってしまったままムダ毛が伸びてしまうことから、次に処理したくでも難しくなってしまいます。

原因としては脱毛する際にカミソリや毛抜きを使い、ムダ毛と一緒に毛穴が開いてしまったり皮膚の表面が傷ついてしまったけど、再びムダ毛が生えてくる前に毛穴が塞いだり傷が塞いで真っ直ぐに伸びることができなくなってしまったのです。

だからといって埋没毛を爪や毛抜きを使って無理やり出して処理をしますと、新たに傷ができてしまったりシミになってしまい、肌にとっても良くないことから正しい処理する方法を紹介します。

保湿はしっかり

埋没毛になりましたら、肌の状態を確認して乾燥してしましたら予め保湿しましょう。

その次に皮膚の表面に付いた角質を落とすためにピーリングをし、汚れを落とし皮膚が柔らかくなってきますと少しずつ埋没毛が出てくるようになってきます。

埋没毛が出ましたら、カミソリや毛抜きではなく電気シェーバーを使ってカットすることで、ある程度肌が傷つくことなく処理することができます。

ただ敏感肌の人の中には、ピーリングによって逆に肌荒れになってしまうこともありますので、その場合は最初から専門家にて相談し適切な処理をしてもらいましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*