産後の脱毛施設での脱毛の注意点

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

出産後のムダ毛の処理について

産後の女性
産後は、妊娠の影響により男性ホルモンの割合が多くなります。

なぜなら、妊娠中は胎児の体に女性ホルモンが行き渡る状態となるからです。

また、男性ホルモンが多いとムダ毛が濃くなる上に、ムダ毛が生えやすくなります。

他にも、産後は肌にも影響を与え、外部からの刺激を受けやすく乾燥しやすい状態の肌となります。

そのため、妊娠前にサロンやクリニックに通っていた人は、ホルモンバランスが整うまで利用を休むことになります。

サロンの光脱毛は、肌に光を照射して毛根部分を破壊する脱毛となりますが、産後は毛根細胞が機能していないので脱毛効果が薄いです。

そして、クリニックのレーザー脱毛でも、脱毛の仕組みが光脱毛と同じなので産後はホルモンバランスが整うまでは利用を断られることになります。

つまり、妊娠前に脱毛施設に通っていた人は、ホルモンバランスが改善されるまで脱毛施設の利用を我慢する必要があります。

けれども、脱毛施設の利用を休んでも店によっては無料で休むことができます。

ニードル脱毛には注意

産後から半年経ってホルモンバランスが改善されることで、毛根細胞も機能するようになります。

そのため、脱毛施設での利用を再開することが可能となります。

ただし、クリニックで受けれるニードル脱毛は、光脱毛やレーザー脱毛より肌に痛みを伴うのでホルモンバランスが整ってもお勧めされません。

なぜなら、ニードル脱毛は毛1本1本に針を刺して電流を流す脱毛となるので、赤ちゃんの面倒を見る時間と両立させるのが困難だからです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*