ワキ脱毛をやろう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

自己処理はやめてワキ脱毛を

暑い季節になると一日中半袖やノースリーブで過ごすことになります。
部屋の中ならともかく、外出するとなるとむき出しになった肌への他人の視線が気になるものです。

肌のお手入れも大事ですが、とりわけ注意しなければならないのがワキのムダ毛。
ちゃんと処理していないと「だらしがない」と思われてしまいます

ただ、毎日ワキ毛を処理するというのはかなり面倒です。カミソリを使っている場合は怠けるとすぐにブツブツが目に付きますし、毛抜だと痛みをともなうので、処理自体が億劫になります。

「面倒くさいからサロンで脱毛しようかな……」

そう考えている女性も少なくないでしょう。でもサロン未経験者にとって、脱毛の施術というのは結構ハードルが高いものです。

「施術する期間ってどのくらい?」
「完了するまでの何回サロンに通えばいいの?」
「痛みがあるって聞いたけど本当?」
「料金は全部でいくらぐらいかかる?」

これらの疑問が頭に浮かんで脱毛に踏み切れず、結局はサロン通いすることなく自己処理を続けている、という女性も多いようです。

そこで、このページではワキ脱毛の料金や効果、そしておすすめのサロン等について説明し、脱毛初心者の疑問に答えてみることにしました。

以下の情報が、脱毛を考えている女性の一助になれば幸いです。

「脱毛」とはそもそもどんなものなのか?

ワキ脱毛について説明していく前に、脱毛というのはそもそもどういうものか、簡単に述べていきましょう。

誤解している人も多いようですが、脱毛サロンで施術の対象となるのは、皮膚の表面に伸びているムダ毛そのものではありません。

ではどこがターゲットなのか、というと、皮膚の奥にある毛根なのです。

毛根を施術のターゲットにするといっても、別に毛根を一本一本手作業で処置するわけではありません。
昔はそんな原始的な方法で施術していましたが、現在では技術が進み、光を当てるだけで毛根にアプローチできるようになっています。

その際に用いられるIPLやレーザーといった特殊な光は、肌を素通りし、毛根にある黒いメラニン色素だけに反応する性質を持っています。ムダ毛の生えた肌に当てると毛根部分が高熱に包まれ、毛乳頭や毛母細胞など、発毛を促す組織に大きな損傷を与えます。

これは脱毛の歴史上、コペルニクス的転回と呼べるものでした。おかげで施術は非常に手軽なものとなり、脱毛機器を備えたサロンが続々とオープンしました。

近年は脱毛人口も年々増え続け、VIOといった特別な部位まで処置してもらう人が多くなっています。

その中でも、やはりワキは一貫して人気のある部位。初心者のほとんどはまずワキを施術してもらうと言われています。

やはり冒頭に述べたように夏場は肌の露出が増えますから、「ムダ毛処理をするなら最初はワキから」と考えている女性が多いのでしょう。

また、ワキというのは汗腺が集まっているため、老廃物や汚れが他の部位に比べて溜まりやすく、埋没毛(埋もれ毛)、毛のう炎といった肌トラブルも起こりやすくなっています。

ワキの良いコンディションを保つためにも、トラブルの生じがちな自己処理は止め、早く施術してもらうことをおすすめします。

施術回数、料金、痛みの有無について

以上の説明で、ワキ脱毛のメリットは大体理解できたと思います。

「そんなにメリットがあるなら、さっそくサロンと契約して施術したい」という女性もいるかもしれません。

ただ、実際に脱毛するとなると、以下のような諸点が気になると思います——

・施術は最低限何回必要なのか?
・料金は全部でいくらぐらいかかるのか?
・施術時の痛みはあるの? あるとしたらどれくらいのもの?

これらの懸念について、順番に答えていきましょう。

まず最初に施術回数です。ご存知の通り、脱毛というのは、1、2回では効果がありません。毛周期の関係もあって、ムダ毛が生えないようにするには長い期間が必要です。

特にワキは厄介な部位。太い毛が密集しているうえに毛根も深いところにあるため、他の部位に比べて施術に時間がかかると言われています。

もちろん毛の質などによって差があるのですが、脱毛が終わるまで最低でも12回から18回はかかる、と考えた方がいいでしょう。

次に料金についてですが、これはサロンによってかなり幅があるようです。

たとえばお金持ちの顧客を抱えている老舗の高級サロンの中には、短時間の施術でもビックリするような料金を請求するところもあります。

ただ、ワキ脱毛については一般的に値段は低く、初心者向けのコースに組み込まれていることが多いようです。

「その中でも特にリーズナブルなところは?」と考えてネットで調査した結果、ぜひおすすめしたい店を見つけました。

それは全国に店舗をもつチェーンサロン「ミュゼ」。雑誌の広告などで馴染みのある人もいるでしょう。

オススメなのは、特に人気のある「両ワキ+Vライン美容脱毛完了コース」です。何しろ料金はたった100円! 缶ジュースくらいの値段で施術ができるのですから驚きです。

これほどリーズナブルに脱毛できるところはミュゼ以外にはありません。初心者にはピッタリ。

そしてミュゼのメリットは、料金だけにとどまりません。

実は、サロンで用いられているフラッシュ脱毛というのは毛根に高熱のダメージを与えるため、どうしても痛みを伴います。ミュゼはそれが軽減されるように努力しているのです。

具体的に説明すると、他のサロンのほとんどがIPL方式の脱毛機を使用しているのに対し、ミュゼは最新のSSC方式の機器を採用しています。

2つの方式の違いですが、IPL方式で使われているのは、キセノンランプ。そこからインテンスパルスライトを肌に当てます。

一方、SSC方式で用いられるのはクリプトンライトです。

キセノンランプはそれだけで脱毛効果を発揮しますが、クリプトンライトの場合、単独では効果がありません。

ではどうやって脱毛するのかというと、専用のジェルを肌に塗ります。

その上でその箇所にクリプトンライトを当てると、毛根がダメージを受けるのです。

SSC方式の最大の特徴は、光のパワーを低く抑えても脱毛効果がある、というところ。ジェルと組み合わせで効果を上げるため、毛根部分を高熱にする必要がありません。おかげで痛みも軽減されるのです。

「痛みがあるので脱毛はしたくない」という女性もいますが、ミュゼのSSC方式なら大丈夫です。

ワキ脱毛で失敗しないために

「ミュゼなら料金も安いし、痛みも軽減される」と述べましたが、近所にミュゼの店舗がない人もいるでしょう。
そんな場合、他のサロンと契約する必要があります。

ただ、現在はちょっとした脱毛ブーム。新規サロンが続々と増えています。あまりにもサロンが乱立しているため、初心者はどこがいいのか迷ってしまうでしょう。

また、各サロンは顧客獲得のためにキャンペーンを行っているのですが、プランがややこしく、どれがお得なのかよく分かりません。

そこでサロンを決める際、注意すべき点を3つほどあげてみます。

施術可能回数が少なすぎるプランはダメ

まだまだ脱毛について知識のない人が多く、たとえば1、2回施術を受けただけでその部位のムダ毛は一生生えてこない、と勘違いしている方がいるようです。

もちろんこれは正しくありません。1、2度の施術では、ムダ毛を根絶やしにすることなど不可能です。
確かに施術してから10日〜1ヶ月たつとツルツルの状態になりますが、さらに時間が経過するとまたムダ毛が生えてきてしまいます。

ムダ毛の発毛を阻害するには、数ヶ月から数年、IPLやレーザーといった光を定期的に当てる必要があります。

しかもワキのように太い毛が密集している部位は、施術回数は12回から18回に及ぶのが普通——。

ということで、施術回数が10回に満たないようなプランを選んでしまうと、結局、追加で施術をしなければいけません。
そうなると高価なプラン以上の費用が必要になるでしょう。

リーズナブルに脱毛するためには、いくら安くても回数の少ないプランはやめ、何度でも施術が可能なコースを選ぶようにして下さい。

契約前に返金制度や施術期限をチェックする

一旦サロンと契約すると、最低3年はその店に通い続けて施術を受けることになります。

しかし施術を続けているうちに、店のサービスや脱毛効果に色々と不満が出てきて、契約を打ち切りたくなることもあるでしょう。

中途で解約するとなると、当然ですがサロンの方ではイヤな顔を見せます。施術回数がかなり残っているのに、返金がほんのわずか、という店もあるようです。

イヤな対応を避けるためにも、「中途で解約するかも……」という人は解約条件について詳細を確認しておきましょう。

またサロンによっては、契約日から一定日数が経つと施術そのものを受けられなくなる、というところもあります。そのことも契約前に調べておかないと、後で腹を立てることになります。

いずれにしても忘れてはいけないのは、「ワキ脱毛には日数がかかる」ということ。
脱毛をスムーズに成功させるには、事前に色々なことをチェックしておくことが肝要です。

施術後のケアをやってくれるのか?

ムダ毛処理だけでは、ワキのケアは不充分。できるなら黒ずみなどの肌トラブルも積極的に治したいものです。

そのために大切なのは、肌の潤いをしっかりとキープすること。

脱毛サロンには施術だけでなく、保湿サービスに力を入れているところもあります。

こうした店なら美肌ケアも期待できるので、一挙両得です。

脱毛サロンと医療クリニックに違いはあるの?

ワキ脱毛はサロンと医療クリニックの両方で行われていますが、一体どんな違いがあるのでしょう?

実は脱毛の原理そのものは同じ。
施術では、メラニン色素に反応する特殊な光(サロンではIPL、クリニックではレーザー光)を肌に照射します。
そして、毛乳頭、毛母細胞といった発毛を司る組織に損傷を与えるのです。

ではどこが違うかと言うと、その照射パワー。

レーザー光のパワーは凄まじく、サロンのIPLの何倍にもなります。毛根組織は完全に破壊されるため、いわゆる「永久脱毛」も可能です。

また脱毛完了までIPLでは10回以上施術しなければなりませんが、レーザー脱毛の場合、数回で終わります。

もし「短い期間で脱毛を終えたい」と考えているなら、レーザー脱毛がおすすめです。

なぜワキ脱毛は安いの?

ワキ脱毛は他の部位より料金がリーズナブルです。
そのせいか、最初の脱毛部位にワキを選ぶ女性が多くなっています。

では、ワキ脱毛はなぜ安いのでしょう?

第1に考えられるのは「ワキが元々狭い部位だ」ということ。

施術料金というのは面積によって決められることが多く、その点でワキは安価なパーツなのです。

次に考えられるのは、店側の”戦略”。

初心者は最初にワキ脱毛を選ぶため、「その料金を抑えれば、さらに多くの客をひきつけられる」とサロンが考えているのです。

いずれにしてもワキは手軽な部位。サロンの技術もすぐ分かるので、最初の施術部位はワキにしましょう。

脱毛完了後、効果に不満がある時は?

サロンで施術を続け、ワキ脱毛がようやく完了。でも、その効果に不満がある——。

そんな時、そのまま追加で施術を受けることもできますが、料金が馬鹿になりません。

それが嫌なら他店に乗り換える方法もあります。ただ、カウンセリングからやり直すので、時間と手間がずいぶんムダになってしまいます。

そんな面倒を避けるためには、施術期間と回数に余裕を設けておくことが大事。
できるなら「施術回数が無制限」のサロンを選ぶべきです。

脱毛するとワキ汗が増えるの?

最後に脱毛完了後の”ある現象”について、説明しておきましょう。

実は「ワキ脱毛」でネット検索すると「脱毛したら、ワキ汗の量が増えた」という口コミがいくつか目に付きます。

こんなことが本当にあるのでしょうか?

答えを言うと、こんなことはありえません。

ただ、「ワキ汗の量が増えた」と勘違いする人は実際にいるようです。

調べてみると、その理由は——

「ワキ毛がなくなったため、今までせき止められていた汗が肌を流れるようになり、汗の量が増えてしまったと誤解する」

ということのようです。

つまり感覚の問題であって、汗の量が実際に増えたわけではないのです。

しばらくすると汗が流れるのにも慣れてしまい、違和感も覚えなくなるでしょう。

以上、色々な観点から、ワキ脱毛に関する情報やサロンの選び方について紹介してみました。いかがだったでしょうか?

ぜひこれらを参考にして、自分に合ったサロンを見つけて下さい。

ムダ毛がなくなれば他人の視線も平気になり、肌の状態もきっとよくなっていくはずです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*