「VIO脱毛をしたい」という女性が急増中

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

女性の魅力として挙げられるのは、まず顔の造作や全身のシルエットの美しさでしょう。
男性はどうしても女性の内面よりも、美貌やスラリとしたスタイルに惹かれてしまいます。

そして、それにプラスされる魅力として「セックスアピール」があります。これは顔の表情や仕草にもあらわれますが、なんといっても露出された肌ほど性的に男性を引き付けるものはありません。

それをよくわかっている女性は、季節に関わりなく露出度の高いファッションをして、周囲の男性の視線を集めようとします。

しかし、自信のある体を見せつけるのはいいのですが、気をつけるべきなのが肌一面に生えているムダ毛の存在です。

遠くで見ていた時はキレイに思えた肌が、近づいてみると毛でいっぱいの状態では、かえって落胆が大きくなります。
あえて肌を見せるファッションだっただけに「こんなにムダ毛が生えた状態で肌をさらすなんて、ずいぶん変わった女性だ」と侮蔑的な目で見られかねません。

もちろん、美容に関心の高い女性はムダ毛処理も熱心にやっているでしょうが、自己処理というのはキリがないだけに相当面倒なものです。

自己処理が面倒な女性にとって、プロの手で脱毛してもらえるサロンやクリニックは大変ありがたいものです。
最近はちょっとした脱毛ブームなので、有名な店の名前は脱毛に関心のない人でも知っているでしょう。

ただ、脱毛がこれほどポピュラーになったのは近年のこと。以前は毛穴ひとつひとつに針を刺して電気を流すという面倒な方法を取っていたこともあり、かなりの施術料が必要でした。あくまでヒマとカネのある女性がおこなう贅沢な美容法、という印象があったのです。

しかし最近ではレーザー系のライトを用いた効率的な脱毛機が発明され、安価に脱毛できるようになりました。
さらに店や医院側でも脱毛人口を拡大しようと、値下げキャンペーンを毎月のように実施しています。

それにしたがって、プランの方も色々と増えました。施術部位も以前は脚やワキがメインだったのですが、現在では顔、腕はもちろん、「VIO」というパーツが人気の的となっています。

それを聞いて「え、VIOなんて知らない!」という女性もいるでしょう。確かに脱毛人口は急増しているとはいえ、まだまだサロンや専門クリニックとは縁のない人も多いからです。

そこでこのページを作ってみました。
初心者にも分かりやすくVIO脱毛の情報を解説し、さらに脱毛一般についての知識も紹介しています。

「VIO」って体のどこのパーツのこと?

「VIO」というと、なんとなくコンピューターやネット関係の用語と思ってしまうかもしれませんが、もちろん違います。実は美容関係の文章で目にする「デリケートゾーン」といわれる部位、つまり女性の女性器付近からお尻までを指します。

V、I、Oはそれぞれ——

・Vライン(足の付け根付近のトライアングル。別名「ビキニライン」)
・Iライン(女性器の両脇の細長い部位)
・Oライン(肛門を取り囲む半径2センチくらいの丸い部位。別名「ヒップ奥」)

をあらわします。

つまり、VIOというのは別に英単語の頭文字を取ったわけではなく、それぞれ類似する形のアルファベットをあてはめたものです。

というわけで、「VIO脱毛」は要するにアンダーヘアの脱毛のこと。

そしてVIO全部をまったくの無毛状態にしてしまうことを、「ハイジニーナ」とも呼びます。

日本にニュースとしてVIO脱毛が伝えられた時、その呼称は「ハイジニーナ脱毛」とされていました(現在でも宣伝で「ハイジニーナ脱毛」とうたっているサロンや医療クリニックがあります)。

その時は、海外のセレブたちが実践している変わった脱毛、というイメージがあったのですが、現在では日本でもすっかり定着しました。「これから脱毛したい」という人の間でも、VIOは最も施術を希望する部位のひとつとなっています(実際「脱毛したい部位」のアンケートでは、ワキに次いで2位に輝きました)。

ちなみに、上で述べたようにVIOは3つのパーツを指すので、実際の施術ではそれぞれを別々に脱毛することも可能です。

Vラインの定番デザインってどんなもの?

VラインはVIOの中でも、特に「脱毛したい部位」とされる人気パーツ。

外国ではハイジニーナに抵抗がないので、Vラインを徹底的にツルツルにする女性が相当います。
しかし、日本ではまだまだ恥ずかしいと思うのか、ほとんどの女性がヘアーの一部を残すようです。

その場合、「残ったヘアをどんなデザインにするか」が問題となります。

実はサロンやクリニックでは、以下のように定番のデザインを何通りか用意しています——

・逆三角形

最も自然で抵抗が少ないせいか、定番デザインの中でも特に人気。「いかにも脱毛しました、という形にはしたくない」という女性には、これがピッタリでしょう。

・オーバル型

ナチュラルに見えるわけではありませんが、デザインそのものはいかにもフェミニンなので、可愛い感じが好きな人には最適です。ちなみにオーバルというのは英語で「楕円」のこと。

・Iライン型

帯のような感じにアンダーヘアーを処理します。かなり脱毛範囲が広いので、きわどい水着を楽しみたいという女性にはピッタリ。また脚が長くみえるため、スタイルがひきたつメリットもあります。

・Uライン型

「逆三角形」を柔らかくアレンジしたもので、やはりナチュラルな感じが人気。

・スクエア型

「Iラインはちょっとやりすぎ」という女性がよく選んでいるデザイン。ただ、ちょっとナチュラルとはいえないので、嫌いな人も多いかもしれません。

ちなみに医療クリニックで施術してもらう人は、デザイン選びにはくれぐれも慎重になりましょう。

というのもクリニックは永久脱毛なので、一度毛を処理するとVラインの形は死ぬまでそのままになってしまいます。

不自然なデザインを選ぶと後で「しまった」と思うこともあるので、なるべくナチュラルなものにしておく方が無難です。

Oラインを脱毛をするとどんないいことがあるのか?

VIOの中でも、VラインとIラインの2つは特に施術希望者の多いパーツ。きわどい水着や下着を身につけようと思ったら、この2箇所のヘアーはどうしても処理しておく必要があるからでしょう。

ところがOラインだけは「処理しなくてもいい」と思ってしまうのか、人気ランキングに入ることもありません。

でもOライン脱毛にもメリットがあります。

まず肛門の周辺が清潔になり、ニオイなどによる不快感が減らせます。

また、エッチの時も体位によって男性の視界にOラインが入る場合もありますが、処理しておくと彼氏や旦那さんに嫌がられずにすみます。

脱毛の時は、使い捨ての紙パンツに履き替えます。
それをスタッフがずらしながら、マシンの光線を当てていくわけです。

体勢は「四つん這い」か「うつ伏せでの開脚姿勢」のどちらか。恥ずかしさという点で後者の方がマシですから、スタッフに「うつ伏せで」とリクエストしましょう。

最初は恥ずかしさを覚えるでしょうが、施術を繰り返すうちに平気になります。

施術時間も10〜15分ですみますから、ぜひOライン脱毛を体験してみましょう。

VIO脱毛の施術料はどれくらい?

脱毛するかどうか考えた時、まずチェックしたいと思うのがその料金でしょう。

ここでは「VIO3つをすべて脱毛するプラン」の料金を紹介してみます(別々に脱毛する場合は費用も異なります)。

まず、サロンで施術を受ける場合。

大手サロンの料金は次のようになっています——

毛を減らす程度にする

・ミュゼ
料金総額……116,640円(施術12回。1回あたり9,720円)

・銀座カラー
料金総額……163,244円(施術12回。1回あたり13,603円)

・ディオーネ
料金総額……103,680円(施術12回。1回あたり8,640円)

徹底的に無毛状態にする

・ミュゼ
料金総額……174,960円(施術18回。1回あたり9,720円)

・銀座カラー
料金総額……163,244円(施術18回。1回あたり9,070円)

・ディオーネ
料金総額……165,240円(施術18回。1回あたり9,180円)

続いてクリニックで施術を受ける場合。

有名クリニックの料金は次の通り——

毛を減らす程度にする

・湘南美容外科
料金総額……60,750円(施術6回。1回あたり10,125円)

・アリシアクリニック
料金総額……61,900円(施術5回。1回あたり12,380円)

・リゼクリニック
料金総額……98,800円(施術5回。1回あたり19,760円)

・城本クリニック
料金総額……92,700円(施術5回。1回あたり18,540円)

徹底的に無毛状態にする

・湘南美容外科
料金総額……82,620円(施術9回。1回あたり9,180円)

・アリシアクリニック
料金総額……92,880円(施術8回。1回あたり11,610円)

(リゼクリニックと城本クリニックには8回〜9回のプランなし)

こうしてチェックしてみると、サロンは施術回数が多くて料金も高く、クリニックの方が格安だとわかります。

特に湘南美容外科の料金がお得なので、VIO脱毛をするならオススメです。

なぜ脱毛完了には複数回の施術が必要なのか?

上で記したように最近は脱毛がちょっとしたブームとなっていますが、その施術の詳細についてはまだまだ知識がない人が多いようです。

例えば、脱毛マシンのライトやレーザーを1度肌に当てれば、それだけでムダ毛が伸びなくなると思い込んでいる人がいます。

実際は施術1回では脱毛は完了しません。確かに部位は一旦無毛状態になりますが、しばらくすると毛が新しく伸びてくるのです。発毛を食い止めるには、長い日数をかけて施術を繰り返すことが必要です。

「短期間に何度も施術したらどうなの?」と思う方もいるでしょうが、短期間に施術を集中させても脱毛はうまくいきません。

なぜか、というと、それには原題の脱毛方法と発毛サイクルが密接に関わっています。

毛は生え変わりを繰り返してその本数をキープしていますが、そのサイクルは「成長期」「退行期」「休止期」という時期に分かれています。

このサイクルは「毛周期」と呼ばれ、普通は2〜5ヶ月くらいでひと巡りします。

3つのうち、「成長期」は毛が伸び、肌の表へどんどん出てくる時期です。

次の「退行期」は、毛の成長がストップし、毛乳頭から離れようとしている時期。

そして「休止期」は、毛乳頭から離れた毛が毛穴にはさまれているだけの時期となります。

脱毛の施術というのは、成長期の毛にだけ効果を発揮します。

つまり、施術の時期は毛一本一本の成長期に合わせるので、どうしても長い日数がかかる、というわけです。

施術後はアフターケアが重要

脱毛に使われる専用マシンには色々な種類がありますが、現在最も採用されているのは、レーザー系の光線を照射するタイプ。
メラニン色素への反応によって熱エネルギーを発生させ、毛根の発毛機能を弱体化させます。

毛根が高熱に包まれるために、毛穴も軽い火傷状態におちいります。すると肌の水分が失われて、肌本来のバリア機能が衰えることに。そうなるとかゆみ、赤み、むくみが生じやすくなります。

それだけならまだいいのですが、かゆみを爪で引っ掻いたりすると肌の内部に雑菌が入り、様々な肌トラブルの元凶となります。

特によく発生するのが毛嚢炎という炎症。これは弱った毛穴に細菌が侵入したものです。見た目が赤くてブツブツしているため、よくニキビと間違われます。

炎症が肌の表皮だけにとどまっていれば、かゆみや痛みなどはありません。そのままに放置しておいても、1週間くらい経てば自然に完治してしまいます。

しかし毛穴の深いところに感染が達すると、ふくらみが巨大化しておできのようになり、かゆみ・痛みが生じる場合もあります。

症状が進むと慢性化し、毛嚢炎の発症を何度も繰り返すケースもあるので注意が必要です。そうなると炎症の範囲がどんどん拡がり、見苦しい痕を肌に残す場合があります。

そんなことにならないためにも、施術のあとは入浴、飲酒、激しい運動を避け、刺激に弱い肌をしっかりとケアしましょう。

以上、VIO脱毛に関する初心者向けの情報を紹介してみました。どうだったでしょうか?

もし「いつも毛抜きやカミソリでデリケートゾーンを処理している」という女性がいたら、1度プロの手で脱毛してもらうことをオススメします。上で書いたように自己処理は肌への負担が大きく、トラブルを起こしがちです。

脱毛すればデリケートゾーンが清潔になるばかりでなく、黒ずみなども回避できます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*