自分に合ったメンズ脱毛サロンの選び方とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

美意識の高い人間にとって、肌の手入れは欠かせません。
キレイな肌を保つにはコスメでのケアが大切ですが、その際に気になってしまうのが、いつの間にか伸びているムダ毛です。

目についた時に剃ったり抜いたりしている人が多いでしょうが、実はカミソリ、毛抜き、あるいは除毛クリームを用いた自己処理は、手軽にできる代わりにデメリットも少なくありません。これらのツールは肌への負担が大きく、それが限界を越えると、黒ずみ、埋没毛といったトラブルを招いてしまうのです。

そんな事態を避けるためにオススメなのが、プロの手による脱毛です。

昔、脱毛は「施術料が高くて痛い」というイメージがありましたが、新しい脱毛技術の導入もあって面目を一新。費用はかなりディスカウントされ、思い切って施術してもらう女性が増加中です。

また「毛むくじゃらの体をどうにかしたい」という男性も多くなり、男性も通えるサロンも続々とオープンしています。

ただ脱毛にトライしたいと思っていても、男性にとってはサロンというのは勝手が分からないものです。

「料金はいくらくらいかかる?」
「脱毛完了までに何ヶ月通う必要がある?」
「施術の回数は?」
「痛みがある?」

これらの疑問に解答が得られず、結局、サロンへ足を向けるのをやめる男性も少なくありません。

そこでこのページを作ってみました。メンズ脱毛サロンを特集し、そこで用いられている脱毛技術、料金、施術期間、痛みの有無、そして店舗の選び方などについて紹介していきます。
脱毛に挑戦したい男性の方々、どうか参考になさってください。

光脱毛とは?

光脱毛について
脱毛について、いまだに「針を毛穴に入れて、毛根をつぶす」という施術方法をイメージする人がいます。

確かに以前のサロンやクリニックでは、毛穴に針状の電極(プローブ)を差し込み、微弱な電気を流すというやり方で、ムダ毛の処理をおこなっていました。

これは「電気分解脱毛法」と呼ばれ、19世紀末に始まった脱毛の方法。米国セントルイスの眼科医チャールズ・ミッチェルが考案したものです。

うまくいけば死ぬまでツルツルの状態が維持できるために、この方法は大いに普及し、改良されたマシンが日本にも持ち込まれました。そして「美容電気脱毛」あるいは「ニードル脱毛」と名付けられ、当時最もよく使われる脱毛方法となったのです(現在でも一部のクリニックでおこなわれています)。

ただ、この方法は手作業で毛穴に細いプローブをひとつひとつ挿入していくため、大変な手間と時間が必要でした。

やがて、色々な点でこの美容電気脱毛よりも優れた方法が登場します。それがレーザー脱毛です。

レーザー脱毛というのは、単一の波長の光(レーザー)を用い、肌に直接射出する方法です。もともとレーザー光線は、波長の長さによって別々の色や物質にだけ作用する特徴を持っています。つまり、黒、青、赤といった色のついたモノがあれば、そこだけに局所的に熱を加え、その組織にダメージを及ぼすことができるわけです。
医療現場でも、この性質を応用して様々な手術がおこなわれています。

脱毛の場合、皮下の毛の成分である黒いメラニン色素がターゲットになるよう、波長をアレンジ。そのレーザーを射出すると皮下のメラニン色素に熱が吸収されます。すると、毛が伝導体代わりになって毛包にその高熱が伝わっていきます。やがて、毛の成長を促進する毛球部の毛母細胞が破壊され、発毛をストップできるのです。

この方法は、物理的に毛根に接触せずにムダ毛を脱毛する、という点で画期的でした。

このレーザー脱毛の原理が、やがて「光脱毛」という方法も生み出し、サロンでの施術方法の主役となります。

光脱毛の種類について

ここで光脱毛の種類について、簡略に説明してみましょう。

光脱毛には様々な光線が用いられますが、それらはレーザーと同じく、肌に照射されると毛に含まれるメラニン色素に吸収されます(周辺の細胞には悪い影響を与えません)。

光線はこの吸収によって変化し、毛根を高熱で包み込みます。その熱が発毛機能にダメージを与え、毛の成長が阻害されるわけです。

この施術を定期的に続けることで徐々に毛の本数は少なくなり、やがて部位の全てが無毛のツルツル状態となります。

光脱毛には現在、次のような4方式があります——

「IPL方式」
「SSC方式」
「ハイパースキン法」
「SHR方式」

それぞれの特徴を順番に説明していきましょう。

最初に、IPL方式。これはサロンで最もよく採用されている脱毛方法です(サロンによっては「フラッシュ脱毛」と呼んでいます)。IPL(インテンスパルスライト)という光線が毛乳頭などの組織にダメージを及ぼし、2、3ヶ月に1回のペースで施術していくと、徐々に効果があらわれてきます。

デメリットは施術時に少々痛みがあること。ただあくまで軽いものなので、問題になりません。

次にSSC方式。この方式の特色は照射されるライトにあります。IPL方式の場合はキセノンランプを用い、上で述べたIPLという光線を射出します。一方、SSC方式では、クリプトンライトという光線を使います。

インテンスパルスライトだと、単独で脱毛できますが、クリプトンライトはそのままでは普通の光と同じです。

では、どうやって毛根にダメージを与えるのかというと、まず部位に専用のジェルを塗ります。

その上でクリプトンライトを射出すると毛根が弱体化し、毛の成長が阻害されるのです。

SSC方式の最大のメリットは、光線の出力が多少弱くても問題ない、という点。ジェルとの併用で脱毛するので、高熱でなくても効果があがります。したがって、照射時に感じる痛みはIPL方式よりも軽微です。

そして「ハイパースキン法」と「SHR方式」。これらは最も新しい脱毛方法です。2つとも毛根の一部であるバルジ領域をターゲットにするところが、それまでの方法と違っています。

特にハイパースキン法は、光線の温度が極めて低いため、施術時の痛みがまったくありません。ですから、痛みに敏感な人でも施術可能です。

光脱毛VS医療レーザー脱毛

光脱毛について
サロンでは光脱毛が主流ですが、医療クリニックではレーザー脱毛がメインで使われています。この2つについて色々と比較してみましょう。

施術回数の比較

光脱毛の施術回数と、処理可能なムダ毛の割合は、次のようになっています——

・施術6回  約50%
・施術12回 約80%
・施術18回 約95%

一方、医療レーザー脱毛だと、約95%のムダ毛を脱毛するのに5、6回の施術ですみます。

レーザー脱毛の原理は、基本的に光脱毛と同じですが、照射パワーが格段に違うため、回数が少なくなります。

「なぜ一回で全体をツルツルにできないのか?」と疑問を持つ人がいるかも知れませんが、それは毛幹(皮膚外に露出した部分)の毛にしか光やレーザーが反応しないためです。

毛には発毛サイクルである「毛周期」があり、施術は成長期にあたる毛、つまり毛幹の毛に対してしかおこなえません。たとえ毛幹の毛を処理できたとしても他の毛は皮膚の下に隠れているので、その成長期を待つ必要があります。そのため、レーザーのような威力の強いものでも、回数を重ねる必要があるのです。

価格の比較

光脱毛の費用の平均相場は、以下のようになっています——

・全身…164,700円
・顔…41,033円
・うなじ…19,000円
・ワキ…16,833円
・腕(ヒジ上)…47,800円
・腕(ヒジ下)…48,600円
・背中(上下)…71,600円
・足(ヒザ上)…56,300円
・足(ヒザ下)…55,100円
・VIO…58,633円

一方、医療レーザー脱毛の平均相場は以下の通りです——

・全身…401,945円
・顔…131,325円
・うなじ…57,250円
・ワキ…14,825円
・腕(ヒジ上)…83,375円
・腕(ヒジ下)…82,500円
・背中(上下)…91,917円
・足(ヒザ上)…108,750円
・足(ヒザ下)…100,500円
・VIO…67,975円

このように、コストだけで比較すると圧倒的にサロンの光脱毛が安価です。

痛みの比較

光脱毛は、施術時の痛みが少ないことが大きな特徴です。

サロンの説明では「輪ゴムで弾かれた程度の痛み」と形容されることが多く、ネットでそんな文章を見た人も多いでしょう。

もちろん、濃い毛が集まっているVIOやワキなどは熱が高くなりやすいため、「痛かった」と感じる人もいますが、レーザー脱毛の痛みと比較すれば、やはり軽微なものです。

医療レーザーは威力が段違いなため、照射時は針をいきなり突き刺したような強烈な痛みを感じます。効果の高さは圧倒的なので、この痛みは仕方ないとも言えます。

あまりに痛みがひどい場合は、別途料金で部分麻酔を施してくれるクリニックもあります。

また、光脱毛にしてもレーザー脱毛にしても、照射時の痛みは一瞬だけです。炎症のような後を引くものではありません。また、施術を重ねて毛が薄くなっていくと、痛みははるかに軽くなるので、その点は安心です。

色々なケアの比較

サロンの光脱毛は脱毛にプラスして美肌ケアをおこなうことが多く、脱毛に使われるジェルに保湿成分が配合されていたり、施術後の冷却に時間をかけたりしています。

レーザー脱毛の場合、医療機関ということであっさりしていて、冷却もおこなわない場合があります。

心地よいケアを味わいたいなら、サロンの光脱毛を選ぶべきでしょう。

光脱毛のメリット&デメリット

メリット&デメリット

メリット

・レーザー脱毛と比較すると施術コストが安い
・痛みが少なく、脱毛方式によっては無痛の場合もある
・アフターケアや美肌ケアをおこなってくれる
・店舗の雰囲気、サービスが優れている

デメリット

・レーザー脱毛に比べると、施術日数が長くかかる
・産毛や薄い色の毛は、メラニン色素が少ないために脱毛しにくい

サロンをどうやって選ぶ?

どうやって選ぶ?
メンズ脱毛サロンを選ぶ時のポイントをいくつかあげてみます——

顧客が本当に男性だけか確認

メンズ脱毛サロンというと、「男性だけしか通わない脱毛サロン」と思いがちですが、実際は男性をメインにしているだけで、女性も脱毛オーケーというところもあります。

「普通のサロンでなく、メンズ脱毛サロンを選ぶ」という男性の中には、脱毛に通う姿を女性に見られたくないという人も多いでしょう。

男性が脱毛するというのは何となく恥ずかしく、知らない女性とはいえ、その好奇の目にさらされる、というのは嫌なものです。

そこの顧客が男性に限られているかどうか、あらかじめサロンに聞いておきましょう。

スタッフを指名できるか

顧客が男性だけ、というメンズ脱毛サロンでも、実は必ず男性スタッフが施術をするとは限りません。中には女性脱毛士が雇われているところもあります。

「女性に施術をされるのは恥ずかしい」という人も少なくないと思いますので、男性スタッフを指名できるか、という点もしっかりと確認しておくべきです。

施術技術について口コミをチェック

これは別にメンズ脱毛サロンに限りませんが、サロンを選ぶときはネットの口コミを参考にすべきです。

男性と女性の脱毛では、決定的に異なるファクターがあります。それは、脱毛効果です。

男性は男性ホルモンがたくさん分泌されているためにムダ毛が濃く、女性と同じ施術ではなかなか効果があがりません。

男性に対して施術する場合は、照射するライトの出力をある程度アップする必要があるのですが、これは男性脱毛の経験が多いスタッフでないと、加減が分かりにくいとされています。

つまり、スタッフの経験やそれに伴う熟練度によって、脱毛効果の差が出てくるわけです。

しかし、サロン側はスタッフの熟練度を明かしてはくれませんし、公式サイトや無料のカウンセリングだけでは、どのスタッフが有能なのかは判定できません。

こんな時は口コミをチェックすれば、実際に施術を体験した顧客の声を参考にできます。

サービスの評判はどうか?

脱毛サロンでの施術を開始すると、ヒゲを含む全身脱毛の場合など、2年ほど店に通う必要があります。

施術回数もそれだけ多くなりますが、もしスタッフの対応が悪い場合、心地良く脱毛することはできません。

どれだけ施術料が安くても、サービス面で悪いところがあると、途中で解約したくなる可能性があります。

解約を避けるためにも、口コミでスタッフの対応について確認しておきましょう。

以上、脱毛にチャレンジしてみたいという男性のために、メンズ脱毛サロンの情報を細かく紹介してみました。

今、脱毛はちょっとしたブームです。各サロンでは新しい客を獲得しようと一生懸命。大幅なディスカウントを毎月のように実施しているので、公式サイトをマメにチェックするようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*