家庭用脱毛器を買う時に損をしないポイントとは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

最近は脱毛することに抵抗を覚える人が少なくなりました。
サロンや医療クリニックも繁盛していますが、家庭用脱毛器などは非常に売れていて、大きな市場となっているそうです。

「自分も脱毛器を買ってみようかな」という方もいるでしょう。ただ、まだ安いとは言いにくい商品ですし、目移りするほど種類があります。買って後悔しないためにもその特徴や長所・短所について、しっかり理解する必要があります。

そこで、このサイトを作りました。
家庭用脱毛器の購入を考える人のために、その選び方のコツなどについて説明していこうと思います。

家庭用脱毛器はありがたい器具

家庭用脱毛器
ムダ毛処理のツールには色々ありますが、それらは2つに大別できます。つまり、カミソリ・クリーム・電気カミソリなど、肌表面の毛だけを処理するものと、毛抜き・ワックス・脱毛テープなど、ムダ毛全体を毛根部分から引き抜くものです。

これらのうち、カミソリなどは「除毛」にあたり、正確には「脱毛」とは言えません。
そして毛抜などは「脱毛」といえば「脱毛」ですが、ムダ毛はその後も生え続けます。

ということで、これまでムダ毛の成長を阻害するには、サロンや医療クリニックで施術してもらうしか手がありませんでした。

そんな時に発明されたのが、家庭用脱毛器です。これはムダ毛に悩む人にとっては大ニュースでした。

何しろサロンやクリニックで施術してもらう場合、施術完了までに数ヶ月から数年はかかります。
その間にイヤになってやめる人も多いですし、その契約料・施術料が10万円以上かかることも珍しくありません。

それが家庭用脱毛器だと、ずっと格安でプロ並の処理ができるのですから、すぐにベストセラーになったのも納得できます。

ただ、1番安い機種でも2万円弱の値段ですから、買うとなると、どれを選ぶかは慎重にならざるを得ません。

以下の選び方のコツや長所・短所をしっかり把握して、自分の目的に合った機種を見つけ出して下さい。

選ぶ際に注意すべきポイントとは?

注意すべきポイント
家庭用脱毛器は、機種や方式によって効果のあらわれ方が明確に違ってくる商品だと言われています。「バーゲンをやっていて価格がすごく安かったから」「色もデザインも自分のセンスに合っていたから」といった理由で安易に購入すると、結果的にガッカリするケースが多いようです。

家庭用脱毛器の購入で失敗しないためにはどうしたらいいのか、その注意ポイントを述べてみます——

使い勝手の良さも大切

ネットで家庭用脱毛器に関する口コミを調べてみると、

「『ムダ毛の手入れが効率的にできる』ということだったので買ってみました。でも私には照射部分が重すぎて、ちょっと使うだけで手が疲れます」

「照射口が小さく、ワンショットで処理できる範囲が狭すぎます。おかげで手入れにやたら時間がかかります」

「動作音が思ったよりも大きく、近所迷惑になるので夜中に使うのは控えています」

などの「ガッカリ」口コミが目立ちました。このように「使用感がよくない」という不満から、せっかく手に入れたにもかかわらずいつの間にか使用をやめてしまった、という人も少なくないようです。

こんな悲しい目にあわないよう、あらかじめ照射面積、連射機能、最大出力レベル等については公式サイトでしっかり把握するようにしましょう。また近場に家電店やディスカウントショップがあるなら、試しに脱毛器を触ってみて、重さが一体どれくらいなのか調べた方が無難です。

コストパフォーマンスはいいかどうか

脱毛器購入でよくあるパターンは、格安の値段で本体を手に入れて喜んでいたのに、消耗品であるカートリッジの費用が予想以上にかかってガッカリしてしまう、というもの……。

家庭用脱毛器は2万円弱のものから、10万円以上のハイレベルなものまで色々なタイプがそろっていますが、使用ごとに消耗していくカートリッジのコストを忘れてはいけません。

購入する前には、本体価格・プラス・カートリッジのコスト、そしてその交換頻度について、しっかりと調べておきましょう。

脱毛効果をあらかじめ知っておく

脱毛サロンと医療クリニックでは施術に使うマシンの方式が違いますが、家庭用脱毛器でも各機種で異なる方式が採用されています。現在よく使われているのは、フラッシュ式、レーザー式、超音波式の3つですが、それぞれに得手不得手があります。

どのパーツをお手入れしたいのか、あるいはどれだけ効果をあげたいのかは使う人によって違いますから、各方式の特徴を理解しておいた方がいいでしょう。

また、「どれくらいで1回の処理が終わるのか」「顔・VIOなどのデリケートなパーツにも使用可能か」といった細かいポイントについても、なるべくチェックしておくべきです。

以上、使用感、コスパ、脱毛効果の3つに関しては、確実に心に留めておきましょう。

脱毛器の使用についてのメリット&デメリット

メリット&デメリット

メリット

・サロンやクリニックの半額以下の費用で脱毛ができる
・施術場所に出かける必要がない
・他人に見られずに手入れできる

デメリット

・背中などの部位は手伝いが必要
・ひとりで作業をするために飽きやすい
・肌トラブルの予防&対処を自分だけでやらなければならない

家庭用脱毛器によって永久脱毛はおこなえるのか?

永久脱毛はおこなえるのか?
大抵の家庭用脱毛器は、サロン、クリニックのマシンと脱毛のメカニズムという点では変わりません。ただ、火傷などの肌トラブルが起きないように照射出力がかなり控えめになっています。ですから、永久脱毛はできません。

なお、意外に勘違いしている人が多いのですが、サロンで受ける施術は正しく言えば「抑毛」です。発毛器官はあくまで弱体化するだけなので、数年も経てば毛は再生します。

どうしても永久脱毛をしたい場合は、医療クリニックでレーザー脱毛器による施術を受けましょう。

脱毛方式の種類にはどんなものがある?

今のところ、家庭用脱毛器の方式は数種類です。それらについて紹介してみましょう——

フラッシュ式

これはサロンのマシンと同一のもので、9割ほどの家庭用脱毛器で使われています。肌に特殊な光(IPLと呼ばれます)を照射すると、表皮の奥に隠れた毛根部位が熱エネルギーにより弱体化。
日数をかけて照射を続けているうちに、ムダ毛が細くなり、本数が減少していきます。

最大のメリットは光の照射口が大きく、ワンショットごとの処理面積が広いこと。そのためスピーディな手入れが可能です。打ち漏れも少ないため、足・腕などの大きなパーツを脱毛するには最適です。

照射出力も抑えられているので、火傷などの肌トラブルも起こりにくくなっています。もちろん痛みもほとんどありません。

デメリットは脱毛を完了するまで長い日数がかかることですが、それでも約1年間照射を続ければ、肌がほとんど無毛状態に変わります。

レーザー式

レーザー式脱毛は、医療クリニックの器械と同じ方式です。肌に直接照射されたレーザー光が、ムダ毛に含まれるメラニン色素に反応。その結果、毛母細胞、毛乳頭などの部位が熱に包まれて発毛機能が低下します。

狭い範囲内に光が集中するため、フラッシュ式より効果的な脱毛ができます。指、顔の一部、それに剛毛などを処理したい人にもってこいです。

脱毛完了に要する日数も短か目で、2週間に1回照射を続ければ、3ヶ月くらいで効果があらわれます。

ただ広い部位だと、1回の照射に手間と時間がかかりますし、打ち漏れも起きやすくなります。

また厄介なデメリットなのが、照射時の「痛み」です。ネットでも「『痛い!』と思わず声が出た」「照射直前はドキドキしてしまう」といった口コミが目立ちます。

特に脇、デリケートゾーン、骨付近のスネなどの部位は相当痛いので、照射出力を抑え気味にした方がいいでしょう。

また、ホクロ・シミにはレーザーが反応することがあるので、シールなどで覆うか、照射を避けて下さい。

高周波(超音波)式

高周波脱毛器はピンセットのような先端(ピッカー)でムダ毛をはさみ、そこに微弱な電流を通すことで脱毛をおこないます。光を使った方式ではないので、額の生え際、眉といった目に近いパーツのお手入れが可能です。

また、光による方法では処理できない毛(白髪、日焼け肌のムダ毛)も、高周波なら対処可能です。

ただ、1本ずつの処理になりますから、広い部位には向きません。なるべく早く手入れをおこないたいという人には、フラッシュ式の方をおすすめします。

以上述べてきた方式は、すべて毛根に損傷を与えて脱毛をおこないます。そしてそれらとは種類が違うのですが、やはり「脱毛器」という名前がつけられている「サーミコン(熱線)式」「ローラー式」についても少し述べておきます。

サーミコン式脱毛器は、ヘッド内蔵の熱線によってムダ毛を焼くというものです。
あくまで表面から伸びている部分を処理するだけで、毛根には変化はありません。
つまり正確には「除毛」というわけです。

ただ、焼くことで毛先が丸くなるので、カミソリによるチクチクが苦手な人には助かるでしょう。

最後に「ローラー式」です。これは肌にローラーを転がしてムダ毛を引き抜きます。

つまり毛抜と同じなのですが、広範囲を手早く処理できるのがメリットです。もちろん毛穴や肌へ大きな負担をかけるため、推薦はできかねます。

代表的な家庭用脱毛器の値段は?

家庭用脱毛器の値段は?
家庭用脱毛器を買おうと決めた時に最初に気にかかるのが、その価格だと思います。

そこで公式サイトのデータを元にして、代表的な家庭用脱毛器の値段を下にまとめてみました(照射面積と1ショットあたりの単価のデータも一緒に記します)。

・ケノン
価格……69,800円(税込)
照射面積……9.25平方センチ
1ショットあたりの単価……0.04〜0.59円

・シルクエキスパート
価格……49,299円(税込)
照射面積……6平方センチ
1ショットあたりの単価……1.78円

・4x
価格……38,999円(税込)
照射面積……1平方センチ
1ショットあたりの単価……0.08円

・ラヴィ
価格……40,000円(税込)
照射面積……6平方センチ
1ショットあたりの単価……0.24〜0.61円

・レイボーテグランデ
価格……116,640円(税込)
照射面積……12平方センチ
1ショットあたりの単価……0.05円

・ルメア・プレステージ
価格……57,998円(税込)
照射面積……4平方センチ
1ショットあたりの単価……0.20円

・光エステ
価格……25,200円(税込)
照射面積……5.4平方センチ
1ショットあたりの単価……0.29円

最も安いのは光エステの25,200円となります(ちなみに脱毛器と名前のついている製品にはもっと安いのもあるのですが、それらは正しくは「除毛器」なので除外しました)。

最も高いのはレイボーテグランデの116,640円。ハイグレードの機種と言っていいでしょう。

またすでに説明したように、購入する時は消耗品であるカートリッジの存在を考慮することが必要です。ここには記載しませんでしたが、カートリッジの値段がいくらなのか、自分でチェックしておきましょう。
本体価格・プラス・カートリッジの総計を比較することで、本当の値段の違いが分かります。

そして、1ショットあたりの単価も忘れないで下さい。上記の数値を見て、「1ショットあたりのコストの違いなんて、ほとんどない」と考えてしまう人がいるかもしれませんが、脱毛は1回だけでは終わらず、2週間の間を置いて照射を続ける必要があります。

つまり、ワンショットの少しの違いでも、何回も繰り返すことで馬鹿にできない大きな差となります。

最後に「照射範囲」も参照すべき数値です。
1回の照射範囲が大きくなればなるほどショット数は減少しますから、カートリッジの費用も安くなります。

上のデータでは4xだけが極端に照射範囲の数値が小さくなっていますが、これは4xがレーザー式の脱毛器だからです。フラッシュ式のレイボーテグランデやケノンの数値とは、あまりに違いすぎて比較になりません。

広い部位のムダ毛を手入れしたい人など、各機種の照射コストと面積がどれくらいなのか、よく理解しておきましょう。その上で、なるべくお得な機種を購入して下さい。

以上、家庭用脱毛器の長所と短所、選び方のポイントなどについて紹介してみました。いかがだったでしょうか?

上で説明したように、家庭用脱毛器はその機種や脱毛方法によって用途・効果が異なります。また本体のほか、消耗品であるカートリッジのコストをしっかりチェックしておくことも大切です。

ぜひ自分に合った機種を選び、ステキな脱毛生活を送って下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*