産毛処理のわずらわしさを顔脱毛によって解消しよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

目、鼻、口、耳といった器官のそろった顔という部位は、他人と自分を区別する点で重要なパーツ。
おまけに自分の美しさを最もアピールできるところですから、そのお手入れに力がはいるのも当然のことです。

ところで、肌の手入れを日頃から熱心にやっていると、「邪魔だなあ」とつい思ってしまうものがあります。

それはフェイスライン、額、頬などに生えている産毛——。

特に鼻の下で産毛が伸びていると、うっかりするとヒゲに見えることもあります。
そのままだとみっともないのでカミソリや毛抜きなどで処理するのですが、どうしても肌にダメージがかかり、そのまま処理を続けると黒ずみなどの症状を起こす場合もあります。

普段から美しくあろうと心がけている女性にとっては、産毛はとにかく厄介な存在です。

こんな産毛をなくそうと、最近はサロンに行って脱毛してもらう人も増えてきています。

昔、顔脱毛は費用が安いとはとても言えませんでした。
顔は「施術が難しい部位」といわれ、キャンペーンなどでもディスカウントされなかったのです。

しかし近年は脱毛技術の進歩もあって値段も下がり、気楽に施術できるようになっています。

とはいっても、これまで脱毛と無縁だった女性にとって、サロンと契約した上で施術に通うというのは何となくハードルが高いものです。

そこでこのページでは顔脱毛について情報を提供し、顔脱毛の得意なサロンについても紹介してみることにしました。

以下の情報が、脱毛しようか悩んでいる女性の一助になれば、と願っています。

現在、脱毛の施術はどのような方法を取っているのか?

顔脱毛の情報を紹介していく前に、まず現在の脱毛がどのように行われているのか、簡潔に述べておきましょう。

昔、脱毛の施術というのは手間がかかりました。プローブという特殊な電気針を用いて一本一本のムダ毛の毛根を焼き切っていたのです(この方法を「美容電気脱毛」と呼びます)。

これは効果においては抜群なのですが、何しろひとつひとつの毛穴に針を刺していくわけですから、結構な痛みを伴います。このせいで、「脱毛は痛いもの」というイメージが世間に広がってしまいました。

現在では「手間がかかりすぎる」という理由もあってこの脱毛方法は廃れました。ではどういう方法が取られているかというと、ムダ毛の生えた肌にレーザー系の光を照射するという「光脱毛(フラッシュ脱毛)」がメインとなっています。

光(フラッシュ)にも色々あるのですが、サロンで使われているもので一番ポピュラーなのは「インテンスパルスライト(IPL)」です。

このライトは肌を素通りし、メラニン色素を含んでいる毛根部分で熱エネルギーに変わります。
そしてその高熱により、毛乳頭、毛母細胞といった発毛組織に大きな損傷を与えるのです。

もともとIPLは、肌トラブルの治癒のためにエステで使われていたもの。脱毛用に改造された後でもシミや毛穴などのケアに有効なので、施術を続けていると肌の状態も良くなってきます。

最近ではIPLだけでなく、SHR脱毛、SSC脱毛、ハイパースキン法といった新しい方式もサロンに導入され、施術方法を色々と選べるようになってきました。

それぞれの方式にはメリット・デメリットがあるので、その詳細を調べた上でどれにするか決めるといいでしょう。

施術可能な部位はサロンによって違う

顔脱毛でまず注意したいのは、施術可能な部位が各店によって違う、ということ。

あるアンケートによると、脱毛希望者に人気のある箇所は、鼻の下、眉間、アゴということですが、この3つに関して施術できるかどうかはサロン次第です。

有名サロンを例に取ると——

ミュゼ……鼻下、顎

脱毛ラボ……鼻下、もみあげ、顎

ジェイエステ……フェイスライン、目元、頬、鼻下、口周り、顎

ディオーネ……額、鼻、鼻下、頬、顎

と、施術できる箇所は店によって違いがあります。

ということで、「顔脱毛もできます」とサロンの広告に書かれていたとしても、施術希望部位をすべて脱毛してもらえるかどうかは分かりません。

せっかくサロンを訪れたのに「そこは施術できません」などと言われると交通費がムダになりますので、施術可能な部位について事前にチェックしておきましょう。

顔脱毛の料金は平均的にいくらぐらい?

料金は一体どれくらいなのか?

初心者が顔脱毛するかどうか考えた時、最初に頭に思い浮かぶのはそのことかもしれません。

有名サロン20社のデータによって平均の費用を計算してみると、「41,033円」ということになりました。

この金額を「高い」と見るのか「安い」と見るのか。そこは人それぞれでしょう。

ちなみに顔脱毛の施術はサロンだけでなく、専門の医療クリニックでも行っています。

こちらも平均の費用を出してみたところ「131,325円」という結果に——。

つまり医療クリニックで施術すると、サロンの3倍以上のお金が必要になるわけです。

ただクリニックでは、ムダ毛がずっと生えてこない「永久脱毛」が可能で、これは普通のサロンでは不可能な技術です。

サロンかクリニックか——。
料金と効果を考慮し、自分の希望に沿う方をチョイスして下さい。

初心者なら「お試しコース」を選ぶべき

サロンのプランのうち、初心者にオススメしたいのは「お試しコース」です。

これによってそのサロンのサービス、技術、接客態度などを調べ、その後で正規プランを契約するのがベスト。

なお、申し込みについてですが、店に直接電話するよりネット経由でやりましょう。まず希望するサロンのサイトへ行き、料金などを細かくチェックした上で手続きします。

その後でサロンを訪れることになりますが、まず受けなければならないのが、スタッフと対面してのカウンセリングです。この料金は無料となっていますからご安心を。

内容は、こちらの希望する条件や部位の聞き取り、おすすめプランの説明、そして脱毛についてのガイダンスがメイン。よい機会ですので、

「脱毛はどれくらいで終了するのか?」
「店の光脱毛器の種類は?」
「永久脱毛はできるのか?」

など、色々と訊ねてみましょう。

カウンセリングだけで初日は終了。施術の方は、後日予約の上で受けることになります。

施術の時は——

・接客態度は問題ないか?
・施術の痛みは? その程度は?
・術後の保湿ケアはしっかり行われているか?

などのポイントをしっかりチェックしましょう。

これで店のことが気に入ったら、そのまま正規プランを契約すればいいですし、気に入らないならそのまま終了。後者の場合、他の店を調べ、また「お試し」に出かけることになります。

最近はサロンの数も急増中なので、自分にピッタリの店に必ず出会えるはずです。

「キレイモ」と「ジェイエステティック」がオススメ

顔脱毛で定評のあるサロンを2つ紹介します。

まずは、板野友美、ぺこ&りゅうちぇる、渡辺直美などが出ているCMでおなじみの「キレイモ」。

ここの顔脱毛の特徴は、他のサロンより施術できる箇所が多いところ。他店では満足ができず、わざわざ脱毛し直しに来る女性までいるそうです。

続いてオススメなのは、「ジェイエステティック」。

ここで大人気なのが「フェイス6」というプラン。料金が1回2,500円というのですから、人気を呼ぶのも当然です。「なるべく安く顔脱毛したい」という人にはピッタリ。

またヒアルロン酸のジェルを採用していますから、施術中に乾燥しがちな肌をしっかりと保湿してくれます。

「サロンが多すぎて、どこにすればいいのか悩んでいる……」という人は、ぜひこの2店をチェックしてみて下さい。

以上、顔脱毛について基本情報をお届けしました。

これ以降は、施術している間に生じがちな疑問点や、注意すべきポイントを述べていきましょう。

脱毛は歯の治療中でもできる?

毛というのは意外に再生力が強く、それを完全に処理するのは時間がかかります。
数ヶ月施術を続けることになるため、その間に虫歯になり、歯科医院に通う人もいるでしょう。

その場合、時間を空けずに歯の治療と脱毛を行なうこともあるかもしれません。施術では特殊な機器を用いるわけですから、何か問題が発生しないのか気になってしまいます。

そこでサロン側に質問してみたところ、「通常の歯の治療なら問題ありません」とのこと。

ただ、歯医者で処方される痛み止めについては、気をつける必要があります。

脱毛の施術中、ごくまれに「光線過敏症(光過敏症)」という症状を起こす人がいます。これは光の照射で、かゆみ、むくみ、水ぶくれが生じる過敏反応のこと。

実は、痛み止めの中にはこの症状を誘引する物質が配合されていることがあり、施術前はその摂取を控えなければなりません。

トラブルを避けるためにも、うっかり痛み止めを飲んだら必ずスタッフに告げるようにして下さい。

ちなみに虫歯の場合、光の照射で痛みが増すこともあります。それがイヤだという人は、口付近の施術は後回しにしましょう。

また、歯列を矯正中の場合、IPLなどが矯正器具に反応してしまうことがあります。矯正中も、口周りの施術はやめた方が無難です。

ただ、器具が金属ではない材質(プラスチックやセラミック製)だと、問題ありません。

このように施術の条件も色々なので、必ずスタッフと相談して脱毛して下さい。

ニキビがあると施術できない?

脱毛というのは毛穴に高熱が発生し、体調に影響することもあるため、施術の条件が色々と決められています。

たとえば肌の乾燥がひどいと施術不可ですし、意外なことにムダ毛が伸びすぎていても施術は後回しになります。

ではニキビができている場合はどうでしょうか?

サロン側に訊いてみると、ほとんどの店で施術可能でした。

というのも光脱毛器で照射されるIPLという光は、毛根部分に大きなダメージを与えるだけで、ニキビには影響しません。施術しても別に問題はないのです。

ただ炎症がひどい場合は話が別です。
照射によって症状に影響を与えることもあるので、施術の際はスタッフの判断を仰ぎましょう。

脱毛でシミやそばかすができる?

いま脱毛方法のメインは、メラニン色素に反応する光を肌に直接照射するというもの。

「肌にそんな光が当たったら、シミやそばかすができるのでは?」と不安を感じる女性がいるかもしれません。

確かに肌トラブルの大きな原因は、紫外線による日焼け。脱毛でのライトも光度が大きいので、つい太陽の光と同じ様に肌に良くないのでは、と誤解しがちです。

しかし、光脱毛機は美肌ケアに使われてきた歴史があります。肌に対して害を及ぼすものではありません。

「でも『脱毛のせいで、顔にシミができた』という投稿をネットで見かけたけど?」と反論する人がいるかもしれません。

それについては、2つの理由が考えられます。

まず、肌の深層に隠れていたシミ予備軍が、ターンオーバーのせいで表面に出てきた、というもの。

施術で新陳代謝が促され、深層のシミが表に出てくることは珍しくありません。

ただ、それらのほとんどはターンオーバーが進むと消えてしまいます。

あと施術後に潤い不足となった肌に傷がつき、それが痕になる場合。これをシミだと勘違いする人がいます。

こんな事態を避けるためには、保湿ケアが肝心。
施術後は肌にしっかりと潤いを与えましょう。

ともかく、脱毛によってシミや傷ができるわけではありません。安心して施術に通って下さい。

サロンに出かける時、メイクはNG?

顔脱毛でサロン通いを始める際、女性が不安に感じることのひとつは、

「スッピンで店に行かないといけないのか?」

ということ——。

化粧なしでも外に出られる10代の女の子なら、もちろん問題はありません。しかし、普段からメイクに慣れている大人の女性にとって、スッピンでサロンまで行くというのは結構キツいことです。

先に結論を述べておくと、施術に出かける際はメイクしていても大丈夫です。

実はサロンには専用ブースがあり、施術直前にメイクをしっかり落とせます。しかも店の中には、スタッフがサービスで化粧を落としてくれるところもあります。

ただ、いくら設備があるといっても、あまりにしっかりした化粧をしていくと、それをオフするのに時間がかかってしまいます。

やはり化粧は控えめにし、ブースでムダに時間を費やさないようにしましょう。

以上、顔脱毛の知識や疑問点、そして推薦したいサロンについて色々と述べてみました。いかがだったでしょうか?

ぜひこのページを参考に、サロンで顔脱毛に挑戦して下さい。
施術を続けるにつれ、肌の状態も以前より良くなっていくはずです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*