ガッカリしない医療脱毛クリニックの選び方とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

ガッカリしない医療脱毛クリニックの選び方とは?

医療脱毛クリニックの選び方について考える
20年前、脱毛に対する世間の評判は芳しいものではありませんでした。「勧誘が強引でしつこい」「施術がとにかく痛くて耐えられない」などなど……。
しかも施術料が恐ろしく高く、お金持ち限定の美容術、というイメージがあったのです。

ところが今や女子高生でも施術に通うほど、脱毛は一般に浸透しました。かつての悪評を考えると、隔世の感があります。

自分も脱毛にチャレンジしたい、という人も日々増えていますが、施術を受けるとなると行き先は2つあります。
脱毛サロン、そして医療クリニックです。

派手に宣伝されていることもあって、かつてはサロンを選ぶ人が圧倒的に多かったのですが、最近では医療クリニックならではのメリットも広く知られつつあり、どちらにするか迷っている人も少なくないようです。

そこで、このページでは医療脱毛クリニックを特集することにしました。
その脱毛技術の特徴や、利点・難点、そしてクリニックを選ぶ際の注意点など、様々な役立つ情報を紹介していきます。

クリニック脱毛の詳細について

医療脱毛クリニック脱毛について
現在のところ、日本で脱毛機器による施術をやっているのは、サロンと医療クリニックしかありません。もしクリニックの方に通うなら、その特徴を把握しておいた方がいいでしょう。

1)脱毛にレーザー光線を用いる

特殊な光線で脱毛をおこなうところはクリニックもサロンも同じです。しかし、クリニックの場合、その光線がレーザーであるところが最大の特徴です。

レーザーによる脱毛の可能性を発見したのは、ハーバード大学ウェルマン皮膚研究所のロックス・アンダーソンとJ・A・パリッシュ。2人が1983年、科学雑誌「サイエンス」に発表した「選択的光熱凝固理論」は、紀元前3000年前から続く脱毛の歴史に新しい時代をもたらしました。

それまで脱毛といえば、毛穴サイズの電極(プローブ)を用いた「美容電気脱毛」(別名「ニードル脱毛」)が主流でした。これは「電気分解脱毛法」と呼ばれるもので、チャールズ・E・ミッチェルというアメリカの眼科医が1875年に考案。プローブによって毛包に直流電流を通し、発毛器官を凝固化します。

その後、ポール・N・クリーという人物がこの方法を改良して一般に広めますが、なにしろ毛穴のひとつひとつに電極を挿入していくために時間がかかり、それだけ施術コストも高くなってしまいます(例えば、両脇だけの脱毛でも20万円は必要でした)。
しかも毛包に直流電流を通す時に激しい痛みが伴うため、顧客も精神的肉体的に我慢を強いられます。

この状況を劇的に変化させたのが、レーザー脱毛の登場でした。

レーザー脱毛はその名の通り、レーザー光線の特性によって発毛を防止する脱毛方法。レーザー光線というのは他のライトのように多種の波長を含有しない単色光で、射出されても拡がっていかず、どこまでも一直線に進みます。

最も重要な特性は、レーザーが波長によって一定の色だけに反応する、という点。つまり、ある色のついた細胞に波長を調整したレーザー光線を射出すると、吸収されて熱エネルギーに変化し、その細胞にダメージを与えられる、ということです。

脱毛に使用する際は、毛に3%だけ含まれているメラニン色素に反応するよう、波長を気体や結晶のレーザー媒質によって700nm〜1000nmに調整します。
この状態でムダ毛に照射されたレーザー光線は黒いメラニン色素に吸収されて熱エネルギーに変化。その熱は65度から70度になります。

この高熱が発毛をつかさどる組織(毛母細胞や毛乳頭)を死滅させ、肌がツルツルになるのです。

この方法の長所は、あくまで破壊されるのはムダ毛の毛根だけであり、表皮の組織にはダメージを与えない、というところです。 施術もレーザー光線を照射するだけなので、たいへん効率的。美容電気脱毛のような面倒な手間は不要です。

開発当時、レーザー光線の種類はひとつだけ(ルビーを媒質に用いたもの)でしたが、今はダイオード、YAG、アレキサンドライトなど、様々な媒質を用いたレーザーがあり、毛の性質や部位に応じて選ぶことができます。

2)永久脱毛が可能

脱毛に関してはまだまだ誤解も多く、「脱毛の器械で光を1回当てれば、その箇所のムダ毛は一生伸びてこない」と思い込んでいる人がいます。

しかし、毛を作り出す毛球部分は頑丈な組織で、多少のダメージを受けてもその機能は失われません。1回の照射くらいでは損傷の程度もわずかで、さらに毛には毛周期という成長サイクルがあるため、それに合わせて照射を続ける必要があります。そうやって2ヶ月に1度くらい施術をコツコツ継続するうちに毛の本数が減少し、数ヶ月から数年経ってようやく脱毛が終わるのです。

サロンでも毛球部分にアプローチする光線を用いますが、そのパワーが制限されているために、発毛器官は一時的に弱まるだけです。
施術から数年もすると毛球部分は復活し、ムダ毛がまた生えてきてしまいます。

その点、医療クリニックでは強力なレーザーを用いるため、毛球部分が完膚なきまでに破壊される可能性が高くなっています。つまり、いわゆる「永久脱毛」ができるわけです。

3)医師でないと脱毛ができない

上で説明した通り、サロンの脱毛方法は理論的にはクリニックのものと似ていますが、使っている光が違うためにレーザー脱毛とは呼べません。サロンの光とレーザー光線をパワーの上で比較すると、銃弾と砲弾ほどの違いがあります。
サロンの脱毛士に特別な資格がいらないのも、施術時の危険度が低いためです。

一方、レーザー脱毛は光線が細胞を破壊する威力を秘めているので、少しのミスが深刻な火傷につながりかねません。そのためマシンを操作するのは、万一の事故に対応できる医師に限られています。もちろん、応急処置ができる器具などもそろっているので、その点でも安心です。

医療脱毛の利点・難点

利点・難点

利点

・医師が施術にあたるため、万が一事故が起こっても対処してもらえる
・サロンよりも脱毛効果が優れていて、毛深い人でも無毛にできる
・脱毛に要する日数が短く、施術回数もサロンほど多くない

難点

・安価なプランの多いサロンと比べると、料金がかなり高め
・部位によっては痛みが激しく、施術に嫌気がさす
・毛膿炎、炎症といった肌トラブルが生じることがある

医療クリニックと脱毛サロンの違いについて

クリニックと脱毛サロンの違いに関しては少しだけ説明しましたが、ここで相違点をさらに書いてみます——

費用

昔からサロンは派手な広告を女性雑誌に載せていますが、そこには目をひく巨大な文字で「キャンペーン価格」「○日まで限定ディスカウント」などと書かれています。これでお分かりのように、サロンの最大のセールスポイントとなっているのはその施術料の安さです。

一方、クリニックは医療機関という事情もあって、料金が大幅にディスカウントされることはまずありません。

ここで、脱毛完了に至るまでサロンと医療クリニックでは費用がいくらかかるのか、一覧にしてみましょう。

最初に脱毛サロンから。全国にたくさんの店舗がある有名サロン20社の公式サイトから、部位別の平均費用を計算してみたところ——

・顔…41,033円
・ワキ…16,833円
・うなじ…19,000円
・VIO…58,633円
・腕(ヒジ上)…47,800円
・腕(ヒジ下)…48,600円
・足(ヒザ上)…56,300円
・足(ヒザ下)…55,100円
・背中(上下)…71,600円
・全身…164,700円

という結果になりました。

続いて医療クリニックです。こちらはネット検索でよくヒットする20院の平均費用を計算しました——

・顔…131,325円
・ワキ…14,825円
・うなじ…57,250円
・VIO…67,975円
・腕(ヒジ上)…83,375円
・腕(ヒジ下)…82,500円
・足(ヒザ上)…108,750円
・足(ヒザ下)…100,500円
・背中(上下)…91,917円
・全身…401,945円

比較して分かるように、医療クリニックの料金は脱毛サロンよりずっと高くなっています。特にその価格差が極端なのが顔脱毛で、クリニックの費用はサロンの3倍以上です。

効果

上記の通り、サロンとクリニックでは脱毛に用いる方法が違うため、効果についても相当な差が出ます。

現在主流となっているサロンの脱毛方法は、IPL脱毛、SHR脱毛、SSC脱毛、ハイパースキン法の4つです。

IPL脱毛はサロンで最も採用率の高い脱毛方法で、光脱毛、フラッシュ脱毛と呼んでいるところもあります。ワンショットあたりの照射範囲が広いため、腕、脚、背中といった大きな部位に最適です。照射出力が抑えてあるので、痛みも軽くなっています。

他の方法も利点・難点が色々ありますが、注意したいのはサロンの脱毛が正しくは「減毛」「抑毛」だという点。部位がツルツルになったとしても、その効果は数年しかもちません。

一方、医療クリニックで使われるレーザー光線はサロンとは比較にならない破壊力を秘めていて、毛が再び生える可能性が低くなります。

保証

保証だけは、クリニックと脱毛サロンの2者でさほど差はない、と言えます。

納得ゆくまで施術を続けられる「永久保証」、有効期限をある程度まで延ばせる「期間保証」、中途解約する時に一部の前払金を払い戻す「返金保証」などは、クリニックとサロンの両方のプランに備わっています。

ただ、条件は各クリニックによって異なる部分があるので、公式サイトでしっかりと確認しておきましょう。

その他

サロンとクリニックの違いを述べる際、結構見落とされがちなのが支店(支院)の数です。

「それって何が重要なの?」と思われるかもしれませんが、脱毛というのは、部位をツルツルにするまでどうしても長い日数がかかります。狭い部位でも数ヶ月、さらに手間のかかる組み合わせプランになると、数年間は施術場所に通わなければなりません。

なにしろ長い期間なので、人によっては生活環境が激変する場合もあります。引っ越しや転勤がそうですが、転居先にそれまで施術を受けていたクリニックの支院がないため、前払いしておいた料金がムダになるケースも出てきます。

狭い部位なら数万円ほどですむかもしれませんが、全身脱毛のような大掛かりなコースだと、前払い金の合計が20万円を越えることも珍しくありません。できるなら、転居先でもそれを活かしたいでしょう。

有名サロンなら全国に店舗が多いため、引っ越し先でも引き続いて施術を受けられる可能性が高くなります。ところがクリニックは経営規模の小さなところがほとんどで、転居先に支院がない場合も多いようです。

ということで、もし転居・引っ越しの多い人が脱毛したいなら、クリニックよりも大手サロンの方が向いているかもしれません。

医療脱毛クリニックを選ぶ時の注意ポイントとは?

注意ポイントとは?

施術料はいくらかかる?

医療クリニックで脱毛しよう、と決めた時、まず知りたくなるのはその施術コストでしょう。

すでに書いたように、医療クリニックはサロンに比べて割高ですが、たとえばコマーシャルで有名な「湘南美容外科クリニック」は、初回の部分脱毛がかなりお得になっています。特に両脇など、施術料は1,000円ですみます(回数は6回)。

このように一部の部位に限り、格安で施術してくれるクリニックは他にもあるので、ぜひネットなどで確認してみて下さい。

痛みの対処は?

レーザー脱毛の大きな欠点が、施術に伴う痛みです。最近では何とか対処しようと、新しく考案された機器を導入しているクリニックもあります。

「レジーナクリニック」では最新機器である「ジェントルレーズプロ」を使っています。
これは施術箇所を冷やすことで痛みを軽減。しかも麻酔代もいりません。痛みをとにかく避けたい、という人には最適でしょう。

支院はどれだけある?

クリニックの支院の数も重要なポイントです。

それだけ繁盛している、ということで安心感が違いますし、予約も取りやすくなります。

たとえば「リゼクリニック」は特に支院数が多く、引っ越ししてもそのまま施術を継続できる可能性が高くなっています。

以上、医療脱毛クリニックに関して、選び方のポイント、その脱毛技術などを細かく紹介してみました。いかがだったでしょうか。

「施術時の痛みが心配」「費用が高い」といった理由から医療クリニックを避ける人も少なくないと思います。
しかし何よりも脱毛効果を求めるなら、クリニックに勝るものはありません。

どうかこのページを参照しながら、自分に合った医療クリニックを選んでください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*