松戸でおすすめの脱毛サロン

日サロと脱毛

日焼けしている

日焼けしていると脱毛はできないの?

健康的に見えるというので、普段から日焼けサロンに通って小麦色の肌を維持しているという人がいます。

また、夏場になって友だちや仲間とプールや海に行き、普段は白い肌なのに一時的にこんがり焼ける、ということもあるかと思います。

実は、そんな日焼けした人が脱毛サロンや医療クリニックに行くと、「あなたには施術できません」と冷たく拒絶されることがあります。

なぜ日焼けしていると施術ができないのでしょうか?

それは、現在サロンや医療クリニックで主流となっている脱毛法と深い関係があります。

サロンではIPL脱毛機、クリニックではレーザー脱毛機と、使用されている機器は異なるのですが、その脱毛の原理は同じです。

メラニン色素だけに反応する光(レーザー)を肌に照射。光が毛根部分に到達すると、熱エネルギーに変わります。すると毛乳頭や毛母細胞が高熱に包まれ、発毛機能が弱体化。そのことで毛が生えなくなるのです。

メラニン色素というのは黒、あるいは濃い茶色をしています。ですから、もし肌表面にそれらの色が存在すると、光やレーザーはメラニン色素だと勘違いしてしまいます。そうなるとそこで熱エネルギーに変わり、肌がやけどを負うことになります。

なぜ日焼けをすると施術してもらえないのか、これでお分かりでしょう。日焼けによって肌が黒に近い小麦色になると、IPLやレーザーがそこにまで反応してしまうため、照射ができないからです。

同様にほくろや濃いシミ・ニキビ跡がある場合もその部分には照射できませんし、タトゥーを彫っていると施術は不可能です。

もし濃い日焼けをしている人が「脱毛したい」と思っているなら、店に行って落胆しないためにも、上記のことを知っておいて下さい。

松戸の人気脱毛サロンランキングTOPへ