脱毛コラム

「VIO脱毛をしたい」という女性が急増中

女性の魅力として挙げられるのは、まず顔の造作や全身のシルエットの美しさでしょう。
男性はどうしても女性の内面よりも、美貌やスラリとしたスタイルに惹かれてしまいます。

そして、それにプラスされる魅力として「セックスアピール」があります。これは顔の表情や仕草にもあらわれますが、なんといっても露出された肌ほど性的に男性を引き付けるものはありません。

それをよくわかっている女性は、季節に関わりなく露出度の高いファッションをして、周囲の男性の視線を集めようとします。

しかし、自信のある体を見せつけるのはいいのですが、気をつけるべきなのが肌一面に生えているムダ毛の存在です。

遠くで見ていた時はキレイに思えた肌が、近づいてみると毛でいっぱいの状態では、かえって落胆が大きくなります。
あえて肌を見せるファッションだっただけに「こんなにムダ毛が生えた状態で肌をさらすなんて、ずいぶん変わった女性だ」と侮蔑的な目で見られかねません。

もちろん、美容に関心の高い女性はムダ毛処理も熱心にやっているでしょうが、自己処理というのはキリがないだけに相当面倒なものです。

自己処理が面倒な女性にとって、プロの手で脱毛してもらえるサロンやクリニックは大変ありがたいものです。
最近はちょっとした脱毛ブームなので、有名な店の名前は脱毛に関心のない人でも知っているでしょう。

ただ、脱毛がこれほどポピュラーになったのは近年のこと。以前は毛穴ひとつひとつに針を刺して電気を流すという面倒な方法を取っていたこともあり、かなりの施術料が必要でした。あくまでヒマとカネのある女性がおこなう贅沢な美容法、という印象があったのです。

しかし最近ではレーザー系のライトを用いた効率的な脱毛機が発明され、安価に脱毛できるようになりました。
さらに店や医院側でも脱毛人口を拡大しようと、値下げキャンペーンを毎月のように実施しています。

それにしたがって、プランの方も色々と増えました。施術部位も以前は脚やワキがメインだったのですが、現在では顔、腕はもちろん、「VIO」というパーツが人気の的となっています。

それを聞いて「え、VIOなんて知らない!」という女性もいるでしょう。確かに脱毛人口は急増しているとはいえ、まだまだサロンや専門クリニックとは縁のない人も多いからです。

そこでこのページを作ってみました。
初心者にも分かりやすくVIO脱毛の情報を解説し、さらに脱毛一般についての知識も紹介しています。

「VIO」って体のどこのパーツのこと?

「VIO」というと、なんとなくコンピューターやネット関係の用語と思ってしまうかもしれませんが、もちろん違います。実は美容関係の文章で目にする「デリケートゾーン」といわれる部位、つまり女性の女性器付近からお尻までを指します。

V、I、Oはそれぞれ——

・Vライン(足の付け根付近のトライアングル。別名「ビキニライン」)
・Iライン(女性器の両脇の細長い部位)
・Oライン(肛門を取り囲む半径2センチくらいの丸い部位。別名「ヒップ奥」)

をあらわします。

つまり、VIOというのは別に英単語の頭文字を取ったわけではなく、それぞれ類似する形のアルファベットをあてはめたものです。

というわけで、「VIO脱毛」は要するにアンダーヘアの脱毛のこと。

そしてVIO全部をまったくの無毛状態にしてしまうことを、「ハイジニーナ」とも呼びます。

日本にニュースとしてVIO脱毛が伝えられた時、その呼称は「ハイジニーナ脱毛」とされていました(現在でも宣伝で「ハイジニーナ脱毛」とうたっているサロンや医療クリニックがあります)。

その時は、海外のセレブたちが実践している変わった脱毛、というイメージがあったのですが、現在では日本でもすっかり定着しました。「これから脱毛したい」という人の間でも、VIOは最も施術を希望する部位のひとつとなっています(実際「脱毛したい部位」のアンケートでは、ワキに次いで2位に輝きました)。

ちなみに、上で述べたようにVIOは3つのパーツを指すので、実際の施術ではそれぞれを別々に脱毛することも可能です。

Vラインの定番デザインってどんなもの?

VラインはVIOの中でも、特に「脱毛したい部位」とされる人気パーツ。

外国ではハイジニーナに抵抗がないので、Vラインを徹底的にツルツルにする女性が相当います。
しかし、日本ではまだまだ恥ずかしいと思うのか、ほとんどの女性がヘアーの一部を残すようです。

その場合、「残ったヘアをどんなデザインにするか」が問題となります。

実はサロンやクリニックでは、以下のように定番のデザインを何通りか用意しています——

・逆三角形

最も自然で抵抗が少ないせいか、定番デザインの中でも特に人気。「いかにも脱毛しました、という形にはしたくない」という女性には、これがピッタリでしょう。

・オーバル型

ナチュラルに見えるわけではありませんが、デザインそのものはいかにもフェミニンなので、可愛い感じが好きな人には最適です。ちなみにオーバルというのは英語で「楕円」のこと。

・Iライン型

帯のような感じにアンダーヘアーを処理します。かなり脱毛範囲が広いので、きわどい水着を楽しみたいという女性にはピッタリ。また脚が長くみえるため、スタイルがひきたつメリットもあります。

・Uライン型

「逆三角形」を柔らかくアレンジしたもので、やはりナチュラルな感じが人気。

・スクエア型

「Iラインはちょっとやりすぎ」という女性がよく選んでいるデザイン。ただ、ちょっとナチュラルとはいえないので、嫌いな人も多いかもしれません。

ちなみに医療クリニックで施術してもらう人は、デザイン選びにはくれぐれも慎重になりましょう。

というのもクリニックは永久脱毛なので、一度毛を処理するとVラインの形は死ぬまでそのままになってしまいます。

不自然なデザインを選ぶと後で「しまった」と思うこともあるので、なるべくナチュラルなものにしておく方が無難です。

Oラインを脱毛をするとどんないいことがあるのか?

VIOの中でも、VラインとIラインの2つは特に施術希望者の多いパーツ。きわどい水着や下着を身につけようと思ったら、この2箇所のヘアーはどうしても処理しておく必要があるからでしょう。

ところがOラインだけは「処理しなくてもいい」と思ってしまうのか、人気ランキングに入ることもありません。

でもOライン脱毛にもメリットがあります。

まず肛門の周辺が清潔になり、ニオイなどによる不快感が減らせます。

また、エッチの時も体位によって男性の視界にOラインが入る場合もありますが、処理しておくと彼氏や旦那さんに嫌がられずにすみます。

脱毛の時は、使い捨ての紙パンツに履き替えます。
それをスタッフがずらしながら、マシンの光線を当てていくわけです。

体勢は「四つん這い」か「うつ伏せでの開脚姿勢」のどちらか。恥ずかしさという点で後者の方がマシですから、スタッフに「うつ伏せで」とリクエストしましょう。

最初は恥ずかしさを覚えるでしょうが、施術を繰り返すうちに平気になります。

施術時間も10〜15分ですみますから、ぜひOライン脱毛を体験してみましょう。

VIO脱毛の施術料はどれくらい?

脱毛するかどうか考えた時、まずチェックしたいと思うのがその料金でしょう。

ここでは「VIO3つをすべて脱毛するプラン」の料金を紹介してみます(別々に脱毛する場合は費用も異なります)。

まず、サロンで施術を受ける場合。

大手サロンの料金は次のようになっています——

毛を減らす程度にする

・ミュゼ
料金総額……116,640円(施術12回。1回あたり9,720円)

・銀座カラー
料金総額……163,244円(施術12回。1回あたり13,603円)

・ディオーネ
料金総額……103,680円(施術12回。1回あたり8,640円)

徹底的に無毛状態にする

・ミュゼ
料金総額……174,960円(施術18回。1回あたり9,720円)

・銀座カラー
料金総額……163,244円(施術18回。1回あたり9,070円)

・ディオーネ
料金総額……165,240円(施術18回。1回あたり9,180円)

続いてクリニックで施術を受ける場合。

有名クリニックの料金は次の通り——

毛を減らす程度にする

・湘南美容外科
料金総額……60,750円(施術6回。1回あたり10,125円)

・アリシアクリニック
料金総額……61,900円(施術5回。1回あたり12,380円)

・リゼクリニック
料金総額……98,800円(施術5回。1回あたり19,760円)

・城本クリニック
料金総額……92,700円(施術5回。1回あたり18,540円)

徹底的に無毛状態にする

・湘南美容外科
料金総額……82,620円(施術9回。1回あたり9,180円)

・アリシアクリニック
料金総額……92,880円(施術8回。1回あたり11,610円)

(リゼクリニックと城本クリニックには8回〜9回のプランなし)

こうしてチェックしてみると、サロンは施術回数が多くて料金も高く、クリニックの方が格安だとわかります。

特に湘南美容外科の料金がお得なので、VIO脱毛をするならオススメです。

なぜ脱毛完了には複数回の施術が必要なのか?

上で記したように最近は脱毛がちょっとしたブームとなっていますが、その施術の詳細についてはまだまだ知識がない人が多いようです。

例えば、脱毛マシンのライトやレーザーを1度肌に当てれば、それだけでムダ毛が伸びなくなると思い込んでいる人がいます。

実際は施術1回では脱毛は完了しません。確かに部位は一旦無毛状態になりますが、しばらくすると毛が新しく伸びてくるのです。発毛を食い止めるには、長い日数をかけて施術を繰り返すことが必要です。

「短期間に何度も施術したらどうなの?」と思う方もいるでしょうが、短期間に施術を集中させても脱毛はうまくいきません。

なぜか、というと、それには原題の脱毛方法と発毛サイクルが密接に関わっています。

毛は生え変わりを繰り返してその本数をキープしていますが、そのサイクルは「成長期」「退行期」「休止期」という時期に分かれています。

このサイクルは「毛周期」と呼ばれ、普通は2〜5ヶ月くらいでひと巡りします。

3つのうち、「成長期」は毛が伸び、肌の表へどんどん出てくる時期です。

次の「退行期」は、毛の成長がストップし、毛乳頭から離れようとしている時期。

そして「休止期」は、毛乳頭から離れた毛が毛穴にはさまれているだけの時期となります。

脱毛の施術というのは、成長期の毛にだけ効果を発揮します。

つまり、施術の時期は毛一本一本の成長期に合わせるので、どうしても長い日数がかかる、というわけです。

施術後はアフターケアが重要

脱毛に使われる専用マシンには色々な種類がありますが、現在最も採用されているのは、レーザー系の光線を照射するタイプ。
メラニン色素への反応によって熱エネルギーを発生させ、毛根の発毛機能を弱体化させます。

毛根が高熱に包まれるために、毛穴も軽い火傷状態におちいります。すると肌の水分が失われて、肌本来のバリア機能が衰えることに。そうなるとかゆみ、赤み、むくみが生じやすくなります。

それだけならまだいいのですが、かゆみを爪で引っ掻いたりすると肌の内部に雑菌が入り、様々な肌トラブルの元凶となります。

特によく発生するのが毛嚢炎という炎症。これは弱った毛穴に細菌が侵入したものです。見た目が赤くてブツブツしているため、よくニキビと間違われます。

炎症が肌の表皮だけにとどまっていれば、かゆみや痛みなどはありません。そのままに放置しておいても、1週間くらい経てば自然に完治してしまいます。

しかし毛穴の深いところに感染が達すると、ふくらみが巨大化しておできのようになり、かゆみ・痛みが生じる場合もあります。

症状が進むと慢性化し、毛嚢炎の発症を何度も繰り返すケースもあるので注意が必要です。そうなると炎症の範囲がどんどん拡がり、見苦しい痕を肌に残す場合があります。

そんなことにならないためにも、施術のあとは入浴、飲酒、激しい運動を避け、刺激に弱い肌をしっかりとケアしましょう。

以上、VIO脱毛に関する初心者向けの情報を紹介してみました。どうだったでしょうか?

もし「いつも毛抜きやカミソリでデリケートゾーンを処理している」という女性がいたら、1度プロの手で脱毛してもらうことをオススメします。上で書いたように自己処理は肌への負担が大きく、トラブルを起こしがちです。

脱毛すればデリケートゾーンが清潔になるばかりでなく、黒ずみなども回避できます。

足をより美しく見せるために、足脱毛に挑戦してみたら?

スタイルがよく、伸びやかな足は、人間の体の中でもとりわけ魅力的なパーツ。
自分の足に自信のある女性は、寒い季節であろうと露出度の高い服装をして、街中の男性の視線を奪っています。

美脚という言葉があるくらいで、シルエットの整った足はそれだけでセックスアピールも満点。

ただ、人前で見せびらかす際に気をつけなければならないのが、放って置くとドンドン伸びてくるムダ毛です。

処理をキッチリとおこなっていないと、「あんなに見せびらかしているのに、ムダ毛を処理していないなんてだらしがない」と陰口を叩かれかねません。

もちろん見栄えを良くしようと自己処理に熱心な女性も多いでしょうが、カミソリや毛抜き、あるいは除毛クリームといったムダ毛の処理道具はいずれも肌への刺激が強く、せっかくの美しい足に黒ずみなどを残す可能性があります。

美しさのためにムダ毛を処理しているのに、黒ずみが生じては本末転倒です。

「厄介なトラブルを起こす自己処理なんてやめて、サロンや医療クリニックに通って脱毛しようかな……」

そういう思いを抱く女性も少なくないでしょう。

でも脱毛を経験したことのない女性にとって、わざわざ契約して店舗や医院に通うというのは、考えただけで大変なことです。

「脱毛が終わるまでに、一体何日くらいかかるの?」
「ツルツルにするには最低何回施術が必要?」
「施術による肌への悪影響はない?」
「料金はリーズナブルなサロンでどれくらい?」

これらの疑問が障害となり、結局脱毛とは縁がないまま、肌に悪い自己処理を続けている、という女性も少なくありません。

そこでこのページでは、サロンや医療クリニックの足脱毛の費用、オススメのプラン、そして脱毛が終わるまでの日数と回数などについて、詳しく紹介してみることにしました。

以下の情報が、脱毛未経験者の疑問を解決できれば幸いです。

安い値段で脱毛ができるサロンや医療クリニックは?

足と言ってもその範囲は広く、顔やワキの何倍もの面積があります。そのため、ひざ上、ひざ下、ひざ、足の甲・指といったパーツに分けた上で、別々に施術がおこなわれるのが通例です(もちろん、足全体をまとめたコースもあります)。

それぞれの部位の料金は各店舗や医院によって相当な違いがあるので、ホームページなどをしっかりと調べることが大切です。
そこに記された値段を比較検討することによって、よりリーズナブルに施術できます。

では、その中でも特に費用の格安なサロンやクリニックはどこでしょうか。以下、その料金を列記してみました。

まずサロンでは——

ミュゼ

・ひざ上……18,000円[6回施術]
・ひざ下……18,000円[6回施術]
・ひざ……ひざ下に含まれる
・足の甲・指……12,000円[8回施術]
・足全体……48,000円[8回施術。ひざ上・ひざ下は6回]

銀座カラー

・ひざ上……42,000円[8回施術]
・ひざ下……42,000円[8回施術]
・ひざ……21,000円[8回施術]
・足の甲・指……21,000円[8回施術]
・足全体……制限なしで151,152円

ジェイエステティック

・ひざ上……31,200円[8回施術]
・ひざ下……31,200円[8回施術]
・ひざ……14,400円[8回施術]
・足の甲・指……14,400円[8回施術]
・足全体……91,200円[8回施術]

脱毛ラボ

・ひざ上……47,840円[8回施術]
・ひざ下……31,840円[8回施術]
・ひざ……ひざ下に含まれる
・足の甲・指……15,840円[8回施術]
・足全体……95,520円[8回施術]

クリニックでは——

アリシアクリニック

・ひざ上……55,000円[5回施術]
・ひざ下……41,250円[5回施術]
・ひざ……13,750円[5回施術]
・足の甲・指……13,750円[5回施術]
・足全体……92,900円[5回施術]

リゼクリニック

・ひざ上……79,800円[5回施術]
・ひざ下……89,800円[5回施術]
・ひざ……ひざ下に含まれる
・足の甲・指……19,800円[5回施術]
・足全体……119,800円[5回施術]

湘南美容外科クリニック

・ひざ上……81,000円[6回施術]
・ひざ下……81,000円[6回施術]
・ひざ……28,750円[6回施術]
・足の甲・指……28,750円[6回施術]
・足全体……219,500円[6回施術]

KM新宿クリニック

・ひざ上……60,000円[5回施術]
・ひざ下……60,000円[5回施術]
・ひざ……ひざ下に含まれる
・足の甲・指……20,000円[5回施術]
・足全体……100,000円[5回施術]

となっています。

サロンの中で費用が1番リーズナブルなのは、ミュゼです。
ひざ上・ひざ下の2つを施術してもらっても36,000円ですから、他の店よりも圧倒的に格安です。

ただ、足の指・甲までしっかりと脱毛したいのでしたら、銀座カラーの方がおすすめです。通い放題ですから何回でも施術が可能。とにかく足をキレイなツルツル状態にできます。

クリニックの方はどうしてもサロンより料金が高くなるのですが、その中ではアリシアクリニックが1番格安。ひざ上、ひざ下、ひざ、足の甲・指を網羅した足全体プランがわずか92,900円です。

クリニックの料金は各院によってかなりのバラつきがあり、部分脱毛でも40万円以上の施術料をとるところがあります。
それらの医院と比較すると、足全体で10万円以下というのはビックリするほどリーズナブルだと言えます。

本格的な脱毛の前に、1度ジェイエステで施術を体験しよう

以上見てきたように、足脱毛の費用は決して安いとは言えません。いくら脱毛のメリットを色々と聞いていたとしても、契約に慎重になるのは当然です。

「脱毛について詳しく知らないのに、いきなり高額なコースを契約するのは不安……」という人は、1度ジェイエステの「両ワキ完了12回+選べる3部位1回」で施術を体験してみてはどうでしょう?

これは両ワキ12回に加え、全身18部位から3つを選んで1回施術できるというプラン。ビックリするのはその費用で、わずか300円しかしません。

これで脱毛がどんな風に行なわれるのか知った上で、改めて自分好みのサロンやクリニックを選んでいくのがいいでしょう。

脱毛が終わるまで、どれくらいの回数と日数が必要なのか?

これまでの説明で、足脱毛の費用についてご理解頂けたと思います。

では脱毛が終わるまで、どれくらいの施術回数と日数が必要なのでしょうか?

サロンとクリニックのHPからデータを調べてみると、以下のような結果になりました——

脱毛サロン

回数……8回〜12回
期間……1年〜2年
施術ペース……2ヶ月に1回

医療クリニック

回数……5回〜6回
期間……約1年
施術ペース……3ヶ月に1回

この数字を見て、「予想した以上に施術回数と時間がかかる」と感じた人が少なくないでしょう。

実は「足は体のパーツの中でも脱毛効果がすぐに実感できる」と言われています。

それでもこれくらいの長い期間と施術回数が必要なのは、現在のサロンやクリニックでの脱毛方法が、毛が生え変わる周期に大きく作用されるからです。

それを以下の文章で解説しましょう。

脱毛に多くの施術回数と長い日数が欠かせない理由とは?

脱毛方法から解説していきましょう。

現在、大抵のサロンとクリニックで使用されている脱毛マシンは、いずれもレーザー系の光線を肌に照射することで脱毛効果をあげています。

当然のことですが、この光は肌には何の害も及ぼしません。ただ黒いメラニン色素があるとすぐに熱エネルギーに変わる特徴を備えています。ですから肌に生えている黒い毛だけが、熱の影響をこうむることになります。

その高熱は、毛の根元にある毛母細胞、毛乳頭、皮脂腺開口部といった発毛器官を弱めたり死滅させたりします。このことで毛は伸びなくなり、肌は無毛の状態に変わります。

「その理屈だと1度照射すれば脱毛は終わるのでは?」と思われるかもしれませんが、そうトントン拍子に事は運びません。というのもムダ毛は全部が同じに見えても、実は一本一本の状況が違っているからです。

すべての体毛は繰り返し生え替わっており、その毛周期と呼ばれるサイクルは「成長期」「退行期」「休止期」という3つに分けられます。このうち光を照射することによって脱毛されるのは、毛が成長している「成長期」だけです。

残りの「退行期」(毛が成長を終え、毛乳頭から切れようとしている時期)、そして「休止期」(毛乳頭から切れた毛が、抜け落ちるのを待っている時期)は、施術しても効果がありません。

成長期の毛は施術してから1週間〜2週間で抜け落ち、1ヶ月〜2ヶ月間だけツルツルの状態が続きます。

やがて毛が成長してきたら、再び施術。これを1年以上繰り返していくと、徐々に毛が細くなり、本数も減ります。

このようにして発毛機能が働かなくなったところで、ようやく施術が完了するわけです。

そのため、どうしても施術ペースはゆっくりしたもの(1〜2ヶ月に1回)になってしまいます。

以上、脱毛が終わるのに日数と回数がかかる理由が理解頂けたでしょうか?

施術のスピードアップは、なかなか難しいとされています。「部位をツルツルにするには、1年以上サロンやクリニックに通わなければならない」ということを理解しておきましょう。

足の黒いブツブツについて

ムダ毛の自己処理を続けていると、表皮の下に黒いブツブツができることがあります。

これはカミソリによる埋没毛です。

カミソリで毛を剃ると角質層が傷つき、それを治すために新しい皮が作られます。

しかし、その皮が毛穴におおいかぶさることがあり、そうなると皮の中でムダ毛が成長します。これが埋没毛です。

この埋没毛が気になる人は、ぜひサロンやクリニックで脱毛しましょう。自己処理の回数が減り、肌の状態が良くなります。

さらに保湿トリートメントに力を入れているところなら、肌もしっかり潤い、ケア効果も倍増。

脱毛を続けているうちに、足の肌は着実にキレイになっていきます。

足脱毛に関する質問とその回答

Q.施術に行く時は、どんな服を着ればいい?

施術用の衣類を用意しているサロンやクリニックなら、もちろんどんな服で出向いても構いません。

衣類の用意がなく、私服のままで脱毛をおこなうところだと、下半身はショーツ一枚になります。ですからワンピースはやめた方が無難です。

また、専用ジェルを肌に塗るサロンやクリニックでは、ショーツにそのジェルが付いてしまうことがあります。
替えのショーツがないこともありますから、自分で持って行く方がいいでしょう。

Q.色素沈着していると施術は不可能?

サロンとクリニックに質問してみたところ、「色素沈着があると脱毛はできません」とのことでした。

上で述べたように、脱毛マシンの光は黒いメラニン色素に反応します。色素沈着にも光が反応する危険性があり、下手に照射すると火傷状態になりかねません。

どうしてもその部位を脱毛したいなら、電気バリによる脱毛がおすすめです。
これなら色素沈着でも問題なく施術できます。

Q.肌が乾燥状態だと施術はできない?

サロンとクリニックに訊いてみたところ、いずれも「肌が乾燥していると施術はNG」との答えでした。

というのも、乾燥した肌は外部からの刺激に弱く、そのまま光を当てると炎症などのトラブルが生じやすくなるからです。

また、肌に傷がある場合も光が反応する恐れがあり、施術はできません。

施術後のアフターケアの大切さ

施術してもらうと、肌の防御能力が一時的に衰えます。外部からの刺激にも弱くなりますから、慎重なケアが欠かせません。

まず入浴はやめましょう。汗や汚れを落としたい人は、水温の低いシャワーを浴びて下さい。汚れは手のひらで優しく落とし、肌への刺激を避けます。

また脱毛後の肌は乾燥のため、炎症を起こしやすくなっています。施術の翌日も保湿に気を配り、肌に水分をキープするようにしましょう。

保湿には日頃から使用しているクリームやローションを塗っても大丈夫ですが、敏感肌向けローションや乳液ならさらに効果が高まります。
化粧水の後にミルクローションを塗るのが、肌に潤いを与える点で最高です。

以上、色々と足脱毛の情報を紹介してみました。役に立ったでしょうか?

繰り返し述べてきたように、足の美しさを保ちたいならムダ毛の自己処理はやめるべきです。
肌トラブルを避けるためにも、好みに合った脱毛サロンや医療クリニックで施術してもらいましょう。

自己処理はやめて腕脱毛を

暑い季節を迎えると一日中ノースリーブや半袖を着ることになります。室内ならともかく、外で出るとなるとむき出しになった肌への他人の目が気になるものです。

肌のお手入れも欠かせませんが、特に注意しなければならないのが腕に生えたムダ毛です。キチンと処理していないと「だらしがない」と軽蔑されてしまいます。

ただ、毎日のようにムダ毛を処理するというのは手間的にかなり大変です。

また、カミソリにしろ毛抜きにしろ、続けて自己処理していると肌への負担が大きくなり、やがてブツブツ、埋没毛、黒ずみ(色素沈着)などの肌トラブルが起こりやすくなります。そうなると本末転倒で、肌の見た目も悪化してしまいます。

「面倒だからサロンやクリニックで脱毛してみようかな……」

そんな考えが頭をよぎる女性も少なくないでしょう。でも脱毛の施術など受けたことのない人にとって、サロンやクリニックに通うというのは結構ハードルが高いものです。

「施術が終わるまで何回通えばいいの?」
「痛みが激しいって聞いたけど本当?」
「料金は全部でどれぐらいかかる?」

これらの疑問が頭に浮かんで契約に踏み切れず、結局はサロン通いとは縁がないまま自己処理を続けている、という人も多いようです。

そこで、このページでは腕脱毛の料金や施術回数、そしておすすめのサロン、クリニック等について解説し、脱毛初心者の疑問を解消してみることにしました。

以下の情報が、腕脱毛を考えている女性のガイドになれば幸いです。

腕脱毛のメリットは具体的にどういうことか?

プロの手によって脱毛の施術を受けることには、思った以上の長所があります。

第1の長所は、もちろん美しくなめらかな肌が得られること。

「そんなのプロに任せなくても、自己処理で手に入れられるのでは?」と考えるかも知れません。
しかし、カミソリや毛抜きでムダ毛を剃ったり抜いたりしていると、どうしても見た目が汚くなります。特に毛が太い女性だと、ブツブツした毛穴が強調されることになりがちです。

サロンやクリニックに通って施術を受けると、見た目も仕上がりも全く違います。驚くほど肌がスベスベになるので、ノースリーブや半袖で外出しても他人の視線が気になりません。むしろ、「キレイな肌を見せびらかしたい」と感じるかもしれません。

そして次の長所は、自由な時間が新たに得られる、ということ。

どういうことかというと、脱毛がうまくいくとムダ毛は生えてきません。
そうすると、これまで処理用にとってきた時間が余るので、その分を他のことに回せる、ということです。

「その代り、クリニックやサロンにわざわざ行かなければならないのでは?」という意見もあるでしょうが、施術に行くのはせいぜい2ヶ月に1度です。しかも施術の際はただ横になったり座っているだけなので楽なものです。それだけでムダ毛が生えてこなくなるのですから、施術の価値は相当高いと言えます。

また、自己処理が起こしがちな肌トラブルがなくなる、という点も重要なところです。キレイな肌を保つ上でも、プロの手による脱毛には大きな意義があります。

腕脱毛の平均料金について

脱毛の施術を受けようと決めた時に、まず気になるのはその費用でしょう。

大手の脱毛サロンや医療クリニックのサイトで料金をチェックし、その平均を計算したところ、サロンの場合は——

・腕(ヒジ上)……47,800円
・腕(ヒジ下)……48,600円

クリニックの場合は——

・腕(ヒジ上)……83,375円
・腕(ヒジ下)……82,500円

という金額になりました。

これに従えばサロンで施術するのが安くすむわけですが、クリニックも意味もなく高い料金設定にしているわけではありません。やはりそれだけのメリットはあります。

サロンとクリニックの違いに関しては、この後細かく紹介しているので、それを参考にして下さい。

脱毛はどんな方法でおこなわれているのか?

近代的な脱毛の歴史は戦前までさかのぼることができ、その方法も変遷がありました。

かつて一般的だったのが「ニードル脱毛」(「美容電気脱毛」)という方法です。これは特別な電気針を毛穴に突き刺し、毛根部分を焼いていくというもの。

発毛を防ぐという点では非常に優れているのですが、なにしろ針を刺すわけですから相当な痛みをともないます。
時間がかかるということもネックとなって流行らなくなってしまい、今ではクリニックの一部で使われているだけです。

代わって盛んになったのが、レーザー系の光を照射する方法。光を熱エネルギーに変化させて毛根の各部位にダメージを与え、ムダ毛が伸びるのを防ぎます。

サロンでは、主にフラッシュ脱毛と呼ばれる方法が用いられています。IPL(インテンスパルスライト)という光を肌に照射し、メラニン色素を含んだ毛母細胞、皮脂腺開口部、毛乳頭などに損傷を及ぼします。

IPLは光の威力が弱く、施術の完了までに相当の日数がかかります。ただ、その分料金もリーズナブルで、痛みも少ない、というメリットがあります。

一方、医療クリニックでよく用いられるのはレーザー脱毛。
それぞれ波長が異なるYAG、アレキサンドラライト、ダイオードといったレーザー光を使用しますが、それぞれパワーはものすごく、発毛機能を完璧に阻害します。

痛みが強いのがデメリットですが、脱毛を短い日数で終わせることが可能です。

サロンとクリニックの違いについて

サロンとクリニックの違いは、どういう点にあるのでしょうか?

2つの違いをいくつか書いてみると——

脱毛サロン

・フラッシュ脱毛の施術
・永久脱毛ではなく、抑毛、減毛効果
・施術の料金がリーズナブル

医療クリニック

・レーザー脱毛の施術
・永久脱毛ができる
・サロンより料金が高い

となります。

さらに細かく述べていくと、クリニックの方が部位によっては安価な場合があったり、クリニックでは必ず医師が施術する、といった違いもあります。

これら諸々の点を考えれば、「料金は高いが永久脱毛の可能なクリニックがベター」という気がします。

ただ大都市圏は別として、脱毛クリニックというのは数が限られていて、もし近くに見つからない場合はサロンと契約するしかありません。

でもサロンには、脱毛完了後でも施術が続行できるプランを用意しているところもあります。そこならムダ毛が再生してもまた処理できますから、永久脱毛と変わりません。

また毛が薄い場合はサロンでも十分な効果が得られるので、わざわざ高いお金を払ってクリニックと契約する必要もないのです。

サロンかクリニックか、自分の毛質を見極めて慎重に決めるべきでしょう。

契約するなら月額プラン

腕は光を照射する面積が広く、脱毛完了まで長い期間が必要です。

また「剛毛である」「毛の量が多い」「毛根が熱に強い」などの個人の体質によって、施術回数も思った以上に増える場合があります。

というわけで、回数制のプランにすると追加で施術するハメになり、予算以上のお金がかかってしまうことも珍しくないようです。

施術回数について不安な人は、最初から月額制のプランを選んだ方がいいでしょう。
料金が高いので気が進まないかもしれませんが、結果的に月額制でよかった、という人が少なくありません。

幸い、最近では完全月額制の店も多くなっています。ぜひそれらのサロンで施術を受けましょう。

施術での痛みはどれくらい?

気に入ったサロンやクリニックと契約し、施術を受ける段になると、まず不安を覚えるのが光の照射時の痛みです。

さすがに現在の方式では、以前おこなわれていたニードル脱毛ほどの痛みはありません。

ただ、完璧に無痛というわけにはいきません。ネットで口コミをチェックしてみると、まずサロンの方は——

「ワキやVIOといった毛の濃い部位に比べると、腕に関しては照射時もさほどの痛みを感じません。ただ、どうしてもチクチクしてしまいます」

「照射の瞬間はチクリとした刺激を感じましたが、痛いというほどではありません。それも、施術回数が重なるにつれてほとんど感じなくなりました」

というような意見がありました。

部位で言うと、ヒジに関しては、チクチクとした感覚を覚える人が多いようです。

ただ、サロンで施術した人のほとんどが「回数を重ねるうちに全く刺激を覚えなくなった」と答えています。回数が10回以上に達すると、チクチクというよりカユミくらいになった、という人もいました。

一方、医療クリニックですが——

「思った以上に痛みがありました。特に毛の濃いヒジ下は痛みがひどく、思わずしかめ顔になってしまったほどです」

といった意見が結構あります。

痛みの度合いについてですが、「輪ゴムではじかれたような」と形容する人から、「ムチで瞬間的に打たれたようで、かなり痛かった」という人まで様々です。これは体質や脱毛で用いられるマシンによって変わってきます。

いずれにしろ、クリニックでは結構な痛みを覚悟しておいた方がいいでしょう。
もし「痛みは絶対イヤ」という人は、サロンで脱毛するか、あるいは麻酔が使えるクリニックを選ぶべきです。

「通い放題」でツルツル状態を維持しよう

脱毛完了まで、クリニックなら平均5回、サロンなら最低12回も光を照射する必要があります。

しかも脱毛完了後も、施術と無縁になる、というわけには行きません。

実は脱毛後、ムダ毛が一生生えなくなると決まってはいないのです。

まずサロンの場合、毛根は死滅せず、ただ発毛機能が弱体化されただけです。

そのため時間が経つと、ムダ毛が再生してきてしまいます。

また、クリニックのレーザー脱毛は「永久脱毛」が可能となっていますが、これも「ムダ毛の再生確率が20%以下」というだけで、毛が必ず生えない、と保証されてはいません。

つまり、せっかく施術したのに、それが全く無駄になることもあるわけです。

そんな事態を回避するためには、毛が生えた場合に備えて、脱毛完了後もアフターケアのあるプラン、つまり「通い放題」を契約すべきです。

これなら店や医院がなくならない限り、半永久的に脱毛することができます。

サロンとクリニックはどこがいいのか?

腕脱毛で評判をとっているサロンとクリニックを、3つずつあげてみます。

まずはサロンから——

銀座カラー

ネットでも「予約が入れやすい」「すぐに脱毛効果が分かる」「施術がスピーディ」などの高評価を得ている銀座カラー。

通い放題プランが単独のパーツに設けられていて、絶対のオススメとなっています。

全身脱毛コースならともかく、腕だけでも通い放題というのは助かります。

また「学割」だけでなく、「のりかえ割」「祝割(誕生日・成人・結婚)」などのディスカウントがあって、リーズナブルに脱毛ができます。

レイビス

「TOKYO BDC」時代から25年以上の歴史を持つレイビス。業界屈指の老舗です。

推薦のプランは「腕全部セット 脱毛し放題」。
その名の通り、「ヒジ下」「ヒジ上」「ヒジ」「手甲指」の4部位を無制限に脱毛できます。

また完全月額制ということで、通えば通うほどリーズナブルになるところも大きなメリット。

ミュゼ

顧客数が334万人を越えているミュゼ。店舗数、売上、満足度も業界のトップに君臨しています。

何と言ってもミュゼが凄いのは、公式アプリをダウンロードするだけでディスカウントしてくれる、というところです。

それも4回以上の全コースが半額という、ビックリするような割引率。

例えば、ひじ上と両ひじ下が4回ずつ施術可能なフリーセレクト美容脱毛コース(Lパーツ)など、48,000円が24,000円になります。

また、DEKA社のSSC脱毛機の導入により、施術が痛みなしになりました。

次にオススメのクリニック——

アリシアクリニック

「し放題コース」が何と言ってもオススメ。クリニックとしては非常に貴重な通い放題プランで、顧客の80%が契約しているそうです。

湘南美容クリニック

テレビCMでお馴染みでしょう。
有名なだけあって施術でも安心。
分院が日本各地にあるので、地方に住んでいる人にも通いやすくなっています。

リゼクリニック

腕セットが設けられているので、腕脱毛希望者にはピッタリです。

また脱毛完了後も通常の50%という価格で継続施術が可能。毛が再生した時には助かります。

以上、腕脱毛についての情報や、オススメのサロン・クリニックなどを紹介してみました。いかがだったでしょうか?

ぜひこの頁を参照しながら、お気に入りのサロンやクリニックを見つけて下さい。
脱毛によって自己処理がいらなくなり、肌の状態も良くなっていくはずです。

産毛処理のわずらわしさを顔脱毛によって解消しよう

目、鼻、口、耳といった器官のそろった顔という部位は、他人と自分を区別する点で重要なパーツ。
おまけに自分の美しさを最もアピールできるところですから、そのお手入れに力がはいるのも当然のことです。

ところで、肌の手入れを日頃から熱心にやっていると、「邪魔だなあ」とつい思ってしまうものがあります。

それはフェイスライン、額、頬などに生えている産毛——。

特に鼻の下で産毛が伸びていると、うっかりするとヒゲに見えることもあります。
そのままだとみっともないのでカミソリや毛抜きなどで処理するのですが、どうしても肌にダメージがかかり、そのまま処理を続けると黒ずみなどの症状を起こす場合もあります。

普段から美しくあろうと心がけている女性にとっては、産毛はとにかく厄介な存在です。

こんな産毛をなくそうと、最近はサロンに行って脱毛してもらう人も増えてきています。

昔、顔脱毛は費用が安いとはとても言えませんでした。
顔は「施術が難しい部位」といわれ、キャンペーンなどでもディスカウントされなかったのです。

しかし近年は脱毛技術の進歩もあって値段も下がり、気楽に施術できるようになっています。

とはいっても、これまで脱毛と無縁だった女性にとって、サロンと契約した上で施術に通うというのは何となくハードルが高いものです。

そこでこのページでは顔脱毛について情報を提供し、顔脱毛の得意なサロンについても紹介してみることにしました。

以下の情報が、脱毛しようか悩んでいる女性の一助になれば、と願っています。

現在、脱毛の施術はどのような方法を取っているのか?

顔脱毛の情報を紹介していく前に、まず現在の脱毛がどのように行われているのか、簡潔に述べておきましょう。

昔、脱毛の施術というのは手間がかかりました。プローブという特殊な電気針を用いて一本一本のムダ毛の毛根を焼き切っていたのです(この方法を「美容電気脱毛」と呼びます)。

これは効果においては抜群なのですが、何しろひとつひとつの毛穴に針を刺していくわけですから、結構な痛みを伴います。このせいで、「脱毛は痛いもの」というイメージが世間に広がってしまいました。

現在では「手間がかかりすぎる」という理由もあってこの脱毛方法は廃れました。ではどういう方法が取られているかというと、ムダ毛の生えた肌にレーザー系の光を照射するという「光脱毛(フラッシュ脱毛)」がメインとなっています。

光(フラッシュ)にも色々あるのですが、サロンで使われているもので一番ポピュラーなのは「インテンスパルスライト(IPL)」です。

このライトは肌を素通りし、メラニン色素を含んでいる毛根部分で熱エネルギーに変わります。
そしてその高熱により、毛乳頭、毛母細胞といった発毛組織に大きな損傷を与えるのです。

もともとIPLは、肌トラブルの治癒のためにエステで使われていたもの。脱毛用に改造された後でもシミや毛穴などのケアに有効なので、施術を続けていると肌の状態も良くなってきます。

最近ではIPLだけでなく、SHR脱毛、SSC脱毛、ハイパースキン法といった新しい方式もサロンに導入され、施術方法を色々と選べるようになってきました。

それぞれの方式にはメリット・デメリットがあるので、その詳細を調べた上でどれにするか決めるといいでしょう。

施術可能な部位はサロンによって違う

顔脱毛でまず注意したいのは、施術可能な部位が各店によって違う、ということ。

あるアンケートによると、脱毛希望者に人気のある箇所は、鼻の下、眉間、アゴということですが、この3つに関して施術できるかどうかはサロン次第です。

有名サロンを例に取ると——

ミュゼ……鼻下、顎

脱毛ラボ……鼻下、もみあげ、顎

ジェイエステ……フェイスライン、目元、頬、鼻下、口周り、顎

ディオーネ……額、鼻、鼻下、頬、顎

と、施術できる箇所は店によって違いがあります。

ということで、「顔脱毛もできます」とサロンの広告に書かれていたとしても、施術希望部位をすべて脱毛してもらえるかどうかは分かりません。

せっかくサロンを訪れたのに「そこは施術できません」などと言われると交通費がムダになりますので、施術可能な部位について事前にチェックしておきましょう。

顔脱毛の料金は平均的にいくらぐらい?

料金は一体どれくらいなのか?

初心者が顔脱毛するかどうか考えた時、最初に頭に思い浮かぶのはそのことかもしれません。

有名サロン20社のデータによって平均の費用を計算してみると、「41,033円」ということになりました。

この金額を「高い」と見るのか「安い」と見るのか。そこは人それぞれでしょう。

ちなみに顔脱毛の施術はサロンだけでなく、専門の医療クリニックでも行っています。

こちらも平均の費用を出してみたところ「131,325円」という結果に——。

つまり医療クリニックで施術すると、サロンの3倍以上のお金が必要になるわけです。

ただクリニックでは、ムダ毛がずっと生えてこない「永久脱毛」が可能で、これは普通のサロンでは不可能な技術です。

サロンかクリニックか——。
料金と効果を考慮し、自分の希望に沿う方をチョイスして下さい。

初心者なら「お試しコース」を選ぶべき

サロンのプランのうち、初心者にオススメしたいのは「お試しコース」です。

これによってそのサロンのサービス、技術、接客態度などを調べ、その後で正規プランを契約するのがベスト。

なお、申し込みについてですが、店に直接電話するよりネット経由でやりましょう。まず希望するサロンのサイトへ行き、料金などを細かくチェックした上で手続きします。

その後でサロンを訪れることになりますが、まず受けなければならないのが、スタッフと対面してのカウンセリングです。この料金は無料となっていますからご安心を。

内容は、こちらの希望する条件や部位の聞き取り、おすすめプランの説明、そして脱毛についてのガイダンスがメイン。よい機会ですので、

「脱毛はどれくらいで終了するのか?」
「店の光脱毛器の種類は?」
「永久脱毛はできるのか?」

など、色々と訊ねてみましょう。

カウンセリングだけで初日は終了。施術の方は、後日予約の上で受けることになります。

施術の時は——

・接客態度は問題ないか?
・施術の痛みは? その程度は?
・術後の保湿ケアはしっかり行われているか?

などのポイントをしっかりチェックしましょう。

これで店のことが気に入ったら、そのまま正規プランを契約すればいいですし、気に入らないならそのまま終了。後者の場合、他の店を調べ、また「お試し」に出かけることになります。

最近はサロンの数も急増中なので、自分にピッタリの店に必ず出会えるはずです。

「キレイモ」と「ジェイエステティック」がオススメ

顔脱毛で定評のあるサロンを2つ紹介します。

まずは、板野友美、ぺこ&りゅうちぇる、渡辺直美などが出ているCMでおなじみの「キレイモ」。

ここの顔脱毛の特徴は、他のサロンより施術できる箇所が多いところ。他店では満足ができず、わざわざ脱毛し直しに来る女性までいるそうです。

続いてオススメなのは、「ジェイエステティック」。

ここで大人気なのが「フェイス6」というプラン。料金が1回2,500円というのですから、人気を呼ぶのも当然です。「なるべく安く顔脱毛したい」という人にはピッタリ。

またヒアルロン酸のジェルを採用していますから、施術中に乾燥しがちな肌をしっかりと保湿してくれます。

「サロンが多すぎて、どこにすればいいのか悩んでいる……」という人は、ぜひこの2店をチェックしてみて下さい。

以上、顔脱毛について基本情報をお届けしました。

これ以降は、施術している間に生じがちな疑問点や、注意すべきポイントを述べていきましょう。

脱毛は歯の治療中でもできる?

毛というのは意外に再生力が強く、それを完全に処理するのは時間がかかります。
数ヶ月施術を続けることになるため、その間に虫歯になり、歯科医院に通う人もいるでしょう。

その場合、時間を空けずに歯の治療と脱毛を行なうこともあるかもしれません。施術では特殊な機器を用いるわけですから、何か問題が発生しないのか気になってしまいます。

そこでサロン側に質問してみたところ、「通常の歯の治療なら問題ありません」とのこと。

ただ、歯医者で処方される痛み止めについては、気をつける必要があります。

脱毛の施術中、ごくまれに「光線過敏症(光過敏症)」という症状を起こす人がいます。これは光の照射で、かゆみ、むくみ、水ぶくれが生じる過敏反応のこと。

実は、痛み止めの中にはこの症状を誘引する物質が配合されていることがあり、施術前はその摂取を控えなければなりません。

トラブルを避けるためにも、うっかり痛み止めを飲んだら必ずスタッフに告げるようにして下さい。

ちなみに虫歯の場合、光の照射で痛みが増すこともあります。それがイヤだという人は、口付近の施術は後回しにしましょう。

また、歯列を矯正中の場合、IPLなどが矯正器具に反応してしまうことがあります。矯正中も、口周りの施術はやめた方が無難です。

ただ、器具が金属ではない材質(プラスチックやセラミック製)だと、問題ありません。

このように施術の条件も色々なので、必ずスタッフと相談して脱毛して下さい。

ニキビがあると施術できない?

脱毛というのは毛穴に高熱が発生し、体調に影響することもあるため、施術の条件が色々と決められています。

たとえば肌の乾燥がひどいと施術不可ですし、意外なことにムダ毛が伸びすぎていても施術は後回しになります。

ではニキビができている場合はどうでしょうか?

サロン側に訊いてみると、ほとんどの店で施術可能でした。

というのも光脱毛器で照射されるIPLという光は、毛根部分に大きなダメージを与えるだけで、ニキビには影響しません。施術しても別に問題はないのです。

ただ炎症がひどい場合は話が別です。
照射によって症状に影響を与えることもあるので、施術の際はスタッフの判断を仰ぎましょう。

脱毛でシミやそばかすができる?

いま脱毛方法のメインは、メラニン色素に反応する光を肌に直接照射するというもの。

「肌にそんな光が当たったら、シミやそばかすができるのでは?」と不安を感じる女性がいるかもしれません。

確かに肌トラブルの大きな原因は、紫外線による日焼け。脱毛でのライトも光度が大きいので、つい太陽の光と同じ様に肌に良くないのでは、と誤解しがちです。

しかし、光脱毛機は美肌ケアに使われてきた歴史があります。肌に対して害を及ぼすものではありません。

「でも『脱毛のせいで、顔にシミができた』という投稿をネットで見かけたけど?」と反論する人がいるかもしれません。

それについては、2つの理由が考えられます。

まず、肌の深層に隠れていたシミ予備軍が、ターンオーバーのせいで表面に出てきた、というもの。

施術で新陳代謝が促され、深層のシミが表に出てくることは珍しくありません。

ただ、それらのほとんどはターンオーバーが進むと消えてしまいます。

あと施術後に潤い不足となった肌に傷がつき、それが痕になる場合。これをシミだと勘違いする人がいます。

こんな事態を避けるためには、保湿ケアが肝心。
施術後は肌にしっかりと潤いを与えましょう。

ともかく、脱毛によってシミや傷ができるわけではありません。安心して施術に通って下さい。

サロンに出かける時、メイクはNG?

顔脱毛でサロン通いを始める際、女性が不安に感じることのひとつは、

「スッピンで店に行かないといけないのか?」

ということ——。

化粧なしでも外に出られる10代の女の子なら、もちろん問題はありません。しかし、普段からメイクに慣れている大人の女性にとって、スッピンでサロンまで行くというのは結構キツいことです。

先に結論を述べておくと、施術に出かける際はメイクしていても大丈夫です。

実はサロンには専用ブースがあり、施術直前にメイクをしっかり落とせます。しかも店の中には、スタッフがサービスで化粧を落としてくれるところもあります。

ただ、いくら設備があるといっても、あまりにしっかりした化粧をしていくと、それをオフするのに時間がかかってしまいます。

やはり化粧は控えめにし、ブースでムダに時間を費やさないようにしましょう。

以上、顔脱毛の知識や疑問点、そして推薦したいサロンについて色々と述べてみました。いかがだったでしょうか?

ぜひこのページを参考に、サロンで顔脱毛に挑戦して下さい。
施術を続けるにつれ、肌の状態も以前より良くなっていくはずです。

ワキ脱毛をやろう

自己処理はやめてワキ脱毛を

暑い季節になると一日中半袖やノースリーブで過ごすことになります。
部屋の中ならともかく、外出するとなるとむき出しになった肌への他人の視線が気になるものです。

肌のお手入れも大事ですが、とりわけ注意しなければならないのがワキのムダ毛。
ちゃんと処理していないと「だらしがない」と思われてしまいます

ただ、毎日ワキ毛を処理するというのはかなり面倒です。カミソリを使っている場合は怠けるとすぐにブツブツが目に付きますし、毛抜だと痛みをともなうので、処理自体が億劫になります。

「面倒くさいからサロンで脱毛しようかな……」

そう考えている女性も少なくないでしょう。でもサロン未経験者にとって、脱毛の施術というのは結構ハードルが高いものです。

「施術する期間ってどのくらい?」
「完了するまでの何回サロンに通えばいいの?」
「痛みがあるって聞いたけど本当?」
「料金は全部でいくらぐらいかかる?」

これらの疑問が頭に浮かんで脱毛に踏み切れず、結局はサロン通いすることなく自己処理を続けている、という女性も多いようです。

そこで、このページではワキ脱毛の料金や効果、そしておすすめのサロン等について説明し、脱毛初心者の疑問に答えてみることにしました。

以下の情報が、脱毛を考えている女性の一助になれば幸いです。

「脱毛」とはそもそもどんなものなのか?

ワキ脱毛について説明していく前に、脱毛というのはそもそもどういうものか、簡単に述べていきましょう。

誤解している人も多いようですが、脱毛サロンで施術の対象となるのは、皮膚の表面に伸びているムダ毛そのものではありません。

ではどこがターゲットなのか、というと、皮膚の奥にある毛根なのです。

毛根を施術のターゲットにするといっても、別に毛根を一本一本手作業で処置するわけではありません。
昔はそんな原始的な方法で施術していましたが、現在では技術が進み、光を当てるだけで毛根にアプローチできるようになっています。

その際に用いられるIPLやレーザーといった特殊な光は、肌を素通りし、毛根にある黒いメラニン色素だけに反応する性質を持っています。ムダ毛の生えた肌に当てると毛根部分が高熱に包まれ、毛乳頭や毛母細胞など、発毛を促す組織に大きな損傷を与えます。

これは脱毛の歴史上、コペルニクス的転回と呼べるものでした。おかげで施術は非常に手軽なものとなり、脱毛機器を備えたサロンが続々とオープンしました。

近年は脱毛人口も年々増え続け、VIOといった特別な部位まで処置してもらう人が多くなっています。

その中でも、やはりワキは一貫して人気のある部位。初心者のほとんどはまずワキを施術してもらうと言われています。

やはり冒頭に述べたように夏場は肌の露出が増えますから、「ムダ毛処理をするなら最初はワキから」と考えている女性が多いのでしょう。

また、ワキというのは汗腺が集まっているため、老廃物や汚れが他の部位に比べて溜まりやすく、埋没毛(埋もれ毛)、毛のう炎といった肌トラブルも起こりやすくなっています。

ワキの良いコンディションを保つためにも、トラブルの生じがちな自己処理は止め、早く施術してもらうことをおすすめします。

施術回数、料金、痛みの有無について

以上の説明で、ワキ脱毛のメリットは大体理解できたと思います。

「そんなにメリットがあるなら、さっそくサロンと契約して施術したい」という女性もいるかもしれません。

ただ、実際に脱毛するとなると、以下のような諸点が気になると思います——

・施術は最低限何回必要なのか?
・料金は全部でいくらぐらいかかるのか?
・施術時の痛みはあるの? あるとしたらどれくらいのもの?

これらの懸念について、順番に答えていきましょう。

まず最初に施術回数です。ご存知の通り、脱毛というのは、1、2回では効果がありません。毛周期の関係もあって、ムダ毛が生えないようにするには長い期間が必要です。

特にワキは厄介な部位。太い毛が密集しているうえに毛根も深いところにあるため、他の部位に比べて施術に時間がかかると言われています。

もちろん毛の質などによって差があるのですが、脱毛が終わるまで最低でも12回から18回はかかる、と考えた方がいいでしょう。

次に料金についてですが、これはサロンによってかなり幅があるようです。

たとえばお金持ちの顧客を抱えている老舗の高級サロンの中には、短時間の施術でもビックリするような料金を請求するところもあります。

ただ、ワキ脱毛については一般的に値段は低く、初心者向けのコースに組み込まれていることが多いようです。

「その中でも特にリーズナブルなところは?」と考えてネットで調査した結果、ぜひおすすめしたい店を見つけました。

それは全国に店舗をもつチェーンサロン「ミュゼ」。雑誌の広告などで馴染みのある人もいるでしょう。

オススメなのは、特に人気のある「両ワキ+Vライン美容脱毛完了コース」です。何しろ料金はたった100円! 缶ジュースくらいの値段で施術ができるのですから驚きです。

これほどリーズナブルに脱毛できるところはミュゼ以外にはありません。初心者にはピッタリ。

そしてミュゼのメリットは、料金だけにとどまりません。

実は、サロンで用いられているフラッシュ脱毛というのは毛根に高熱のダメージを与えるため、どうしても痛みを伴います。ミュゼはそれが軽減されるように努力しているのです。

具体的に説明すると、他のサロンのほとんどがIPL方式の脱毛機を使用しているのに対し、ミュゼは最新のSSC方式の機器を採用しています。

2つの方式の違いですが、IPL方式で使われているのは、キセノンランプ。そこからインテンスパルスライトを肌に当てます。

一方、SSC方式で用いられるのはクリプトンライトです。

キセノンランプはそれだけで脱毛効果を発揮しますが、クリプトンライトの場合、単独では効果がありません。

ではどうやって脱毛するのかというと、専用のジェルを肌に塗ります。

その上でその箇所にクリプトンライトを当てると、毛根がダメージを受けるのです。

SSC方式の最大の特徴は、光のパワーを低く抑えても脱毛効果がある、というところ。ジェルと組み合わせで効果を上げるため、毛根部分を高熱にする必要がありません。おかげで痛みも軽減されるのです。

「痛みがあるので脱毛はしたくない」という女性もいますが、ミュゼのSSC方式なら大丈夫です。

ワキ脱毛で失敗しないために

「ミュゼなら料金も安いし、痛みも軽減される」と述べましたが、近所にミュゼの店舗がない人もいるでしょう。
そんな場合、他のサロンと契約する必要があります。

ただ、現在はちょっとした脱毛ブーム。新規サロンが続々と増えています。あまりにもサロンが乱立しているため、初心者はどこがいいのか迷ってしまうでしょう。

また、各サロンは顧客獲得のためにキャンペーンを行っているのですが、プランがややこしく、どれがお得なのかよく分かりません。

そこでサロンを決める際、注意すべき点を3つほどあげてみます。

施術可能回数が少なすぎるプランはダメ

まだまだ脱毛について知識のない人が多く、たとえば1、2回施術を受けただけでその部位のムダ毛は一生生えてこない、と勘違いしている方がいるようです。

もちろんこれは正しくありません。1、2度の施術では、ムダ毛を根絶やしにすることなど不可能です。
確かに施術してから10日〜1ヶ月たつとツルツルの状態になりますが、さらに時間が経過するとまたムダ毛が生えてきてしまいます。

ムダ毛の発毛を阻害するには、数ヶ月から数年、IPLやレーザーといった光を定期的に当てる必要があります。

しかもワキのように太い毛が密集している部位は、施術回数は12回から18回に及ぶのが普通——。

ということで、施術回数が10回に満たないようなプランを選んでしまうと、結局、追加で施術をしなければいけません。
そうなると高価なプラン以上の費用が必要になるでしょう。

リーズナブルに脱毛するためには、いくら安くても回数の少ないプランはやめ、何度でも施術が可能なコースを選ぶようにして下さい。

契約前に返金制度や施術期限をチェックする

一旦サロンと契約すると、最低3年はその店に通い続けて施術を受けることになります。

しかし施術を続けているうちに、店のサービスや脱毛効果に色々と不満が出てきて、契約を打ち切りたくなることもあるでしょう。

中途で解約するとなると、当然ですがサロンの方ではイヤな顔を見せます。施術回数がかなり残っているのに、返金がほんのわずか、という店もあるようです。

イヤな対応を避けるためにも、「中途で解約するかも……」という人は解約条件について詳細を確認しておきましょう。

またサロンによっては、契約日から一定日数が経つと施術そのものを受けられなくなる、というところもあります。そのことも契約前に調べておかないと、後で腹を立てることになります。

いずれにしても忘れてはいけないのは、「ワキ脱毛には日数がかかる」ということ。
脱毛をスムーズに成功させるには、事前に色々なことをチェックしておくことが肝要です。

施術後のケアをやってくれるのか?

ムダ毛処理だけでは、ワキのケアは不充分。できるなら黒ずみなどの肌トラブルも積極的に治したいものです。

そのために大切なのは、肌の潤いをしっかりとキープすること。

脱毛サロンには施術だけでなく、保湿サービスに力を入れているところもあります。

こうした店なら美肌ケアも期待できるので、一挙両得です。

脱毛サロンと医療クリニックに違いはあるの?

ワキ脱毛はサロンと医療クリニックの両方で行われていますが、一体どんな違いがあるのでしょう?

実は脱毛の原理そのものは同じ。
施術では、メラニン色素に反応する特殊な光(サロンではIPL、クリニックではレーザー光)を肌に照射します。
そして、毛乳頭、毛母細胞といった発毛を司る組織に損傷を与えるのです。

ではどこが違うかと言うと、その照射パワー。

レーザー光のパワーは凄まじく、サロンのIPLの何倍にもなります。毛根組織は完全に破壊されるため、いわゆる「永久脱毛」も可能です。

また脱毛完了までIPLでは10回以上施術しなければなりませんが、レーザー脱毛の場合、数回で終わります。

もし「短い期間で脱毛を終えたい」と考えているなら、レーザー脱毛がおすすめです。

なぜワキ脱毛は安いの?

ワキ脱毛は他の部位より料金がリーズナブルです。
そのせいか、最初の脱毛部位にワキを選ぶ女性が多くなっています。

では、ワキ脱毛はなぜ安いのでしょう?

第1に考えられるのは「ワキが元々狭い部位だ」ということ。

施術料金というのは面積によって決められることが多く、その点でワキは安価なパーツなのです。

次に考えられるのは、店側の”戦略”。

初心者は最初にワキ脱毛を選ぶため、「その料金を抑えれば、さらに多くの客をひきつけられる」とサロンが考えているのです。

いずれにしてもワキは手軽な部位。サロンの技術もすぐ分かるので、最初の施術部位はワキにしましょう。

脱毛完了後、効果に不満がある時は?

サロンで施術を続け、ワキ脱毛がようやく完了。でも、その効果に不満がある——。

そんな時、そのまま追加で施術を受けることもできますが、料金が馬鹿になりません。

それが嫌なら他店に乗り換える方法もあります。ただ、カウンセリングからやり直すので、時間と手間がずいぶんムダになってしまいます。

そんな面倒を避けるためには、施術期間と回数に余裕を設けておくことが大事。
できるなら「施術回数が無制限」のサロンを選ぶべきです。

脱毛するとワキ汗が増えるの?

最後に脱毛完了後の”ある現象”について、説明しておきましょう。

実は「ワキ脱毛」でネット検索すると「脱毛したら、ワキ汗の量が増えた」という口コミがいくつか目に付きます。

こんなことが本当にあるのでしょうか?

答えを言うと、こんなことはありえません。

ただ、「ワキ汗の量が増えた」と勘違いする人は実際にいるようです。

調べてみると、その理由は——

「ワキ毛がなくなったため、今までせき止められていた汗が肌を流れるようになり、汗の量が増えてしまったと誤解する」

ということのようです。

つまり感覚の問題であって、汗の量が実際に増えたわけではないのです。

しばらくすると汗が流れるのにも慣れてしまい、違和感も覚えなくなるでしょう。

以上、色々な観点から、ワキ脱毛に関する情報やサロンの選び方について紹介してみました。いかがだったでしょうか?

ぜひこれらを参考にして、自分に合ったサロンを見つけて下さい。

ムダ毛がなくなれば他人の視線も平気になり、肌の状態もきっとよくなっていくはずです。

ブランクリニックで脱毛 

脱毛ブーム

最近注目のブランクリニックとは?

最近は脱毛ブームということもあって、新規参入するサロンや医療クリニックが多いのですが、銀座と名古屋で開業したブランクリニックもそのひとつ。

全身脱毛のプランが中心で、あとVIOと顔のコースが設けられていますが、注目すべきはその料金。

初回限定・数量限定の「エコ得プラン」なら、4会の施術で——

・全身(顔、VIOなし)……96,000円(追加1回は24,000円)
・全身(顔とVIOのどちらかを追加)……136,000円(追加1回は34,000円)
・全身(顔とVIOの両方あり)……176,000円(追加1回は44,000円)
・VIO……48,000円(追加1回は12,000円)
・顔……48,000円(追加1回は12,000円)

という料金です。これは他のクリニックと比べるとはるかに格安。

口コミサイトのレビューにも「とにかく安くてビックリ。サロンならともかく、医療脱毛なのにこんなに安いなんて信じられません」という感想が寄せられていました。

他のレビューも——

「親切なスタッフさんたちばかりで、接客態度は満点。気持ちよく施術を受けられます」

「駅直結のビルの中にあって通院するのにすごく便利です。最初のカウンセリングでも高いプランを勧められることなど一切ありません。また、施術中は『骨の近くは少し痛いかもしれません』などと注意してくれるので、ちゃんと心構えができます。効果の方も確かで、まだ2回目なのに毛が細くなってきました」

「水曜は夜10時までやっていて、仕事で遅れてもちゃんと通えます」

など、高評価の口コミばかり。

初診料は無料ですから、クリニックでの脱毛に興味のある人は一度訪れてみてはいかがでしょうか?

松戸の人気脱毛サロンランキングTOPへ

脱毛の部位

ムダ毛が気になる

他人の体を見た時にムダ毛が気になる部位は?

「他人の体を見た時、ムダ毛が生えていると気になる部位はどこですか?」というアンケートがネットで実施され、その結果が発表されていました(回答者は男女交えて計50人)。

最も多かったのは、やはり「ワキ」(13人)。

「剃り残し、剃りあとが気になる」という人や、「半袖の女性が腕を上げた時に見える毛はちょっとショック」などの感想が多く寄せられました。夏場に限って露出する部位なので、ついケアを忘れてしまう人も少なくないようです。

ワキと同数で1位になったのが、「腕」(13人)。

「夏に半袖になると目につくし、他の季節でも腕まくりをするとどうしても目立ってしまう」「好きな男性の腕が毛むくじゃらなのが分かり、ちょっとショックだった」という感想がありました。

また、油断しがちな箇所としてあげられたのが「二の腕の裏側」。「自分では見えにくい上に剃りにくい。だけど他人からはよく見えてしまう」という指摘です。

ついで第3位となったのが、「脚」と「顔」(各8人)。

脚は「ストッキングの時、スネ毛が目立つと不格好」という感想が多く、顔の産毛に関しては「口周りにあるとヒゲのように見える」「もみあげ周辺の毛が気になる」「せっかくキレイに化粧していても、笑った時に鼻毛が出ると台なし」と色々な意見が寄せられました。

その他の部位では、「指の毛」(「ネイルや指輪などでオシャレに決めているのにムダ毛がそのままだとガッカリ」)、「背中」「うなじ」(「露出するとすごく目立つ」)、「デリケートゾーン」(「下着からアンダーヘアがはみ出ているのはみっともない」)、「胸」(「モジャモジャだとイヤ」)などがあげられていました。

松戸の人気脱毛サロンランキングTOPへ

脱毛のエムラクリーム

エステで脱毛処理をしてもらった女性

麻酔クリーム(エムラクリーム)とは?

エステで脱毛処理をしてもらったものの、しばらくして再びムダ毛が出てきたため、その時は自分で処理してしまう、という人は結構います。

使う道具は様々ですが、効果が高いのが専用の脱毛器。

ところが効果が高いだけに脱毛パワーが強く、そのまま使ったのでは痛くて続けられない場合があります。

そんな時に役立つのが、皮膚の感覚を一時的に麻痺させる麻酔クリームです。医療レーザー脱毛、注射の使用前に使われていて、個人輸入代行のサイトに行けば通販で手に入れることも可能となっています。

麻酔クリームにもいくつか種類がありますが、最もポピュラーなのがエムラクリームでしょう。

皮膚透過性を高めてあるため、内部に浸透しやすく、麻酔効果を発揮しやすい特徴があります。

主要成分となっているのは、リドカインとプリロカイン。この2つの混合物が皮膚から真皮に到達し、毛根神経終末という部分に作用。これによって1時間から3時間、痛みの感覚を抑えることができます。

使い方ですが、まず使う部位に長い毛が生えている場合は軽く剃り落とします(これは毛が密集しているとクリームの浸透が悪くなるからです)。

続いて、脱毛する部位にクリームを1〜2グラムほど塗ります。皮膚が直接見えないくらい、まんべんなく塗ることが大切。

そして塗ったところを食品用のラップでカバーし、麻酔成分が皮膚の奥まで浸透するのを待ちます。

30分から60分経ったら指で触ってみて、触られた感覚がないようでしたら麻酔が効いています。

その後はクリームをふき取って作業終了。脱毛器を使っても痛みはほとんど感じずにすみます。

脱毛器を買ったものの、処理時の痛みのために使うのを止めていた人もいると思います。
そんな人は、一度エムラクリームを試してみて下さい。

松戸の人気脱毛サロンランキングTOPへ

脱毛後の炎症

レーザー脱毛の後

なぜレーザー脱毛の後、肌に赤みが生じるの?

医療クリニックで脱毛処理を受けた後、皮膚がしばらく赤みを帯びていることがあります。

なぜこんなことになるかというと、レーザーの光が毛穴周辺に軽いやけどを起こしているからです。

レーザーの光は黒いメラニン色素に反応して毛穴の内部に入り込み、そこで熱エネルギーに変わって細胞を破壊します。この時、どうしても毛根周辺の組織にも熱が生じるため、炎症状態を起こしてしまうわけです。

赤くなるということはレーザーの光がしっかりと効いている証拠でもあります。
赤みが出ていると不快に感じる人もいるかもしれませんが、脱毛処理がうまく行っていると考えて我慢するしかありません。

ちなみに、赤みが生じやすいケースは以下の通りです——

肌が強い日焼け状態にある

レーザーの光はメラニン色素のような黒いものに反応します。そのため、日焼けをしていると光を肌が吸収し、白い肌よりも熱を持ちやすくなります。

ほくろやシミにレーザーが当ってしまった

上述したようにレーザー光は黒いものに反応します。ホクロやシミなども熱を持つため、うっかり光が照射されるとその周りも赤くなってしまいます。

照射パワーが強すぎる

剛毛の場合は施術側も強い光を当てる傾向がありますが、そのせいで肌へのダメージも大きくなります。あまりに赤みがひどい場合は、そのことをクリニック側に告げるようにしましょう。パワーの調節をしてくれます。

なお、赤みが出ている場合は、肌がそれだけデリケートな状態になっています。
激しい運動や熱い風呂に入るのは赤みを悪化させることがあるので、なるべく避けた方がいいでしょう。

松戸の人気脱毛サロンランキングTOPへ

永久脱毛の意味

死ぬまで毛が生えてこなくなる

永久脱毛の意味とは?

「永久脱毛」という言葉は脱毛を行っている医療クリニックの宣伝でよく目にします。おそらく多くの人が「死ぬまで毛が生えてこなくなること」だと思ってしまうでしょう。でも、実はそれは間違いです——。

日本では「永久脱毛」について明確な定義はありませんが、アメリカの電気脱毛協会では、以下のようにはっきりした意味を定めています——

「永久脱毛とは、脱毛施術1ヶ月経った時点で、毛の再生率が20%以下であること」

これで分かる通り、ずっと毛が生えてこないという意味ではありません。脱毛完了から一定期間経過しても、大部分のムダ毛が生えてこない、という状態を指します。

そしてこれも勘違いしている人が多いのですが、永久脱毛は脱毛サロンではできません。というのも、永久脱毛の施術手段にはレーザー脱毛、絶縁針脱毛(医療針脱毛)の2つしかなく、これらは医療行為に当たります。つまり、病院やクリニックの医師以外はできないのです。

1984年、当時の厚生省が「医師以外がいわゆる永久脱毛を行った場合は医師法違反」とし、さらに2001年には「医療用かどうかを問わず、医師以外が強い光によって毛乳頭などを破壊する機械を扱うことも医師法違反にあたる」と決めました。

これによって、サロンが永久脱毛行為を行うことはもちろん、広告で「永久脱毛」という言葉を使うこともできなくなりました(当然、家庭用脱毛器や脱毛クリームでも永久脱毛はできません)。

つまり、サロンで行っている脱毛処理というのは、いってみれば減毛にすぎません。
もし永久脱毛の施術を受けたいなら、医療機関へ行くことをおすすめします。

松戸の人気脱毛サロンランキングTOPへ