2019年 4月 の投稿一覧

自分に合ったメンズ脱毛サロンの選び方とは?

美意識の高い人間にとって、肌の手入れは欠かせません。
キレイな肌を保つにはコスメでのケアが大切ですが、その際に気になってしまうのが、いつの間にか伸びているムダ毛です。

目についた時に剃ったり抜いたりしている人が多いでしょうが、実はカミソリ、毛抜き、あるいは除毛クリームを用いた自己処理は、手軽にできる代わりにデメリットも少なくありません。これらのツールは肌への負担が大きく、それが限界を越えると、黒ずみ、埋没毛といったトラブルを招いてしまうのです。

そんな事態を避けるためにオススメなのが、プロの手による脱毛です。

昔、脱毛は「施術料が高くて痛い」というイメージがありましたが、新しい脱毛技術の導入もあって面目を一新。費用はかなりディスカウントされ、思い切って施術してもらう女性が増加中です。

また「毛むくじゃらの体をどうにかしたい」という男性も多くなり、男性も通えるサロンも続々とオープンしています。

ただ脱毛にトライしたいと思っていても、男性にとってはサロンというのは勝手が分からないものです。

「料金はいくらくらいかかる?」
「脱毛完了までに何ヶ月通う必要がある?」
「施術の回数は?」
「痛みがある?」

これらの疑問に解答が得られず、結局、サロンへ足を向けるのをやめる男性も少なくありません。

そこでこのページを作ってみました。メンズ脱毛サロンを特集し、そこで用いられている脱毛技術、料金、施術期間、痛みの有無、そして店舗の選び方などについて紹介していきます。
脱毛に挑戦したい男性の方々、どうか参考になさってください。

光脱毛とは?

光脱毛について
脱毛について、いまだに「針を毛穴に入れて、毛根をつぶす」という施術方法をイメージする人がいます。

確かに以前のサロンやクリニックでは、毛穴に針状の電極(プローブ)を差し込み、微弱な電気を流すというやり方で、ムダ毛の処理をおこなっていました。

これは「電気分解脱毛法」と呼ばれ、19世紀末に始まった脱毛の方法。米国セントルイスの眼科医チャールズ・ミッチェルが考案したものです。

うまくいけば死ぬまでツルツルの状態が維持できるために、この方法は大いに普及し、改良されたマシンが日本にも持ち込まれました。そして「美容電気脱毛」あるいは「ニードル脱毛」と名付けられ、当時最もよく使われる脱毛方法となったのです(現在でも一部のクリニックでおこなわれています)。

ただ、この方法は手作業で毛穴に細いプローブをひとつひとつ挿入していくため、大変な手間と時間が必要でした。

やがて、色々な点でこの美容電気脱毛よりも優れた方法が登場します。それがレーザー脱毛です。

レーザー脱毛というのは、単一の波長の光(レーザー)を用い、肌に直接射出する方法です。もともとレーザー光線は、波長の長さによって別々の色や物質にだけ作用する特徴を持っています。つまり、黒、青、赤といった色のついたモノがあれば、そこだけに局所的に熱を加え、その組織にダメージを及ぼすことができるわけです。
医療現場でも、この性質を応用して様々な手術がおこなわれています。

脱毛の場合、皮下の毛の成分である黒いメラニン色素がターゲットになるよう、波長をアレンジ。そのレーザーを射出すると皮下のメラニン色素に熱が吸収されます。すると、毛が伝導体代わりになって毛包にその高熱が伝わっていきます。やがて、毛の成長を促進する毛球部の毛母細胞が破壊され、発毛をストップできるのです。

この方法は、物理的に毛根に接触せずにムダ毛を脱毛する、という点で画期的でした。

このレーザー脱毛の原理が、やがて「光脱毛」という方法も生み出し、サロンでの施術方法の主役となります。

光脱毛の種類について

ここで光脱毛の種類について、簡略に説明してみましょう。

光脱毛には様々な光線が用いられますが、それらはレーザーと同じく、肌に照射されると毛に含まれるメラニン色素に吸収されます(周辺の細胞には悪い影響を与えません)。

光線はこの吸収によって変化し、毛根を高熱で包み込みます。その熱が発毛機能にダメージを与え、毛の成長が阻害されるわけです。

この施術を定期的に続けることで徐々に毛の本数は少なくなり、やがて部位の全てが無毛のツルツル状態となります。

光脱毛には現在、次のような4方式があります——

「IPL方式」
「SSC方式」
「ハイパースキン法」
「SHR方式」

それぞれの特徴を順番に説明していきましょう。

最初に、IPL方式。これはサロンで最もよく採用されている脱毛方法です(サロンによっては「フラッシュ脱毛」と呼んでいます)。IPL(インテンスパルスライト)という光線が毛乳頭などの組織にダメージを及ぼし、2、3ヶ月に1回のペースで施術していくと、徐々に効果があらわれてきます。

デメリットは施術時に少々痛みがあること。ただあくまで軽いものなので、問題になりません。

次にSSC方式。この方式の特色は照射されるライトにあります。IPL方式の場合はキセノンランプを用い、上で述べたIPLという光線を射出します。一方、SSC方式では、クリプトンライトという光線を使います。

インテンスパルスライトだと、単独で脱毛できますが、クリプトンライトはそのままでは普通の光と同じです。

では、どうやって毛根にダメージを与えるのかというと、まず部位に専用のジェルを塗ります。

その上でクリプトンライトを射出すると毛根が弱体化し、毛の成長が阻害されるのです。

SSC方式の最大のメリットは、光線の出力が多少弱くても問題ない、という点。ジェルとの併用で脱毛するので、高熱でなくても効果があがります。したがって、照射時に感じる痛みはIPL方式よりも軽微です。

そして「ハイパースキン法」と「SHR方式」。これらは最も新しい脱毛方法です。2つとも毛根の一部であるバルジ領域をターゲットにするところが、それまでの方法と違っています。

特にハイパースキン法は、光線の温度が極めて低いため、施術時の痛みがまったくありません。ですから、痛みに敏感な人でも施術可能です。

光脱毛VS医療レーザー脱毛

光脱毛について
サロンでは光脱毛が主流ですが、医療クリニックではレーザー脱毛がメインで使われています。この2つについて色々と比較してみましょう。

施術回数の比較

光脱毛の施術回数と、処理可能なムダ毛の割合は、次のようになっています——

・施術6回  約50%
・施術12回 約80%
・施術18回 約95%

一方、医療レーザー脱毛だと、約95%のムダ毛を脱毛するのに5、6回の施術ですみます。

レーザー脱毛の原理は、基本的に光脱毛と同じですが、照射パワーが格段に違うため、回数が少なくなります。

「なぜ一回で全体をツルツルにできないのか?」と疑問を持つ人がいるかも知れませんが、それは毛幹(皮膚外に露出した部分)の毛にしか光やレーザーが反応しないためです。

毛には発毛サイクルである「毛周期」があり、施術は成長期にあたる毛、つまり毛幹の毛に対してしかおこなえません。たとえ毛幹の毛を処理できたとしても他の毛は皮膚の下に隠れているので、その成長期を待つ必要があります。そのため、レーザーのような威力の強いものでも、回数を重ねる必要があるのです。

価格の比較

光脱毛の費用の平均相場は、以下のようになっています——

・全身…164,700円
・顔…41,033円
・うなじ…19,000円
・ワキ…16,833円
・腕(ヒジ上)…47,800円
・腕(ヒジ下)…48,600円
・背中(上下)…71,600円
・足(ヒザ上)…56,300円
・足(ヒザ下)…55,100円
・VIO…58,633円

一方、医療レーザー脱毛の平均相場は以下の通りです——

・全身…401,945円
・顔…131,325円
・うなじ…57,250円
・ワキ…14,825円
・腕(ヒジ上)…83,375円
・腕(ヒジ下)…82,500円
・背中(上下)…91,917円
・足(ヒザ上)…108,750円
・足(ヒザ下)…100,500円
・VIO…67,975円

このように、コストだけで比較すると圧倒的にサロンの光脱毛が安価です。

痛みの比較

光脱毛は、施術時の痛みが少ないことが大きな特徴です。

サロンの説明では「輪ゴムで弾かれた程度の痛み」と形容されることが多く、ネットでそんな文章を見た人も多いでしょう。

もちろん、濃い毛が集まっているVIOやワキなどは熱が高くなりやすいため、「痛かった」と感じる人もいますが、レーザー脱毛の痛みと比較すれば、やはり軽微なものです。

医療レーザーは威力が段違いなため、照射時は針をいきなり突き刺したような強烈な痛みを感じます。効果の高さは圧倒的なので、この痛みは仕方ないとも言えます。

あまりに痛みがひどい場合は、別途料金で部分麻酔を施してくれるクリニックもあります。

また、光脱毛にしてもレーザー脱毛にしても、照射時の痛みは一瞬だけです。炎症のような後を引くものではありません。また、施術を重ねて毛が薄くなっていくと、痛みははるかに軽くなるので、その点は安心です。

色々なケアの比較

サロンの光脱毛は脱毛にプラスして美肌ケアをおこなうことが多く、脱毛に使われるジェルに保湿成分が配合されていたり、施術後の冷却に時間をかけたりしています。

レーザー脱毛の場合、医療機関ということであっさりしていて、冷却もおこなわない場合があります。

心地よいケアを味わいたいなら、サロンの光脱毛を選ぶべきでしょう。

光脱毛のメリット&デメリット

メリット&デメリット

メリット

・レーザー脱毛と比較すると施術コストが安い
・痛みが少なく、脱毛方式によっては無痛の場合もある
・アフターケアや美肌ケアをおこなってくれる
・店舗の雰囲気、サービスが優れている

デメリット

・レーザー脱毛に比べると、施術日数が長くかかる
・産毛や薄い色の毛は、メラニン色素が少ないために脱毛しにくい

サロンをどうやって選ぶ?

どうやって選ぶ?
メンズ脱毛サロンを選ぶ時のポイントをいくつかあげてみます——

顧客が本当に男性だけか確認

メンズ脱毛サロンというと、「男性だけしか通わない脱毛サロン」と思いがちですが、実際は男性をメインにしているだけで、女性も脱毛オーケーというところもあります。

「普通のサロンでなく、メンズ脱毛サロンを選ぶ」という男性の中には、脱毛に通う姿を女性に見られたくないという人も多いでしょう。

男性が脱毛するというのは何となく恥ずかしく、知らない女性とはいえ、その好奇の目にさらされる、というのは嫌なものです。

そこの顧客が男性に限られているかどうか、あらかじめサロンに聞いておきましょう。

スタッフを指名できるか

顧客が男性だけ、というメンズ脱毛サロンでも、実は必ず男性スタッフが施術をするとは限りません。中には女性脱毛士が雇われているところもあります。

「女性に施術をされるのは恥ずかしい」という人も少なくないと思いますので、男性スタッフを指名できるか、という点もしっかりと確認しておくべきです。

施術技術について口コミをチェック

これは別にメンズ脱毛サロンに限りませんが、サロンを選ぶときはネットの口コミを参考にすべきです。

男性と女性の脱毛では、決定的に異なるファクターがあります。それは、脱毛効果です。

男性は男性ホルモンがたくさん分泌されているためにムダ毛が濃く、女性と同じ施術ではなかなか効果があがりません。

男性に対して施術する場合は、照射するライトの出力をある程度アップする必要があるのですが、これは男性脱毛の経験が多いスタッフでないと、加減が分かりにくいとされています。

つまり、スタッフの経験やそれに伴う熟練度によって、脱毛効果の差が出てくるわけです。

しかし、サロン側はスタッフの熟練度を明かしてはくれませんし、公式サイトや無料のカウンセリングだけでは、どのスタッフが有能なのかは判定できません。

こんな時は口コミをチェックすれば、実際に施術を体験した顧客の声を参考にできます。

サービスの評判はどうか?

脱毛サロンでの施術を開始すると、ヒゲを含む全身脱毛の場合など、2年ほど店に通う必要があります。

施術回数もそれだけ多くなりますが、もしスタッフの対応が悪い場合、心地良く脱毛することはできません。

どれだけ施術料が安くても、サービス面で悪いところがあると、途中で解約したくなる可能性があります。

解約を避けるためにも、口コミでスタッフの対応について確認しておきましょう。

以上、脱毛にチャレンジしてみたいという男性のために、メンズ脱毛サロンの情報を細かく紹介してみました。

今、脱毛はちょっとしたブームです。各サロンでは新しい客を獲得しようと一生懸命。大幅なディスカウントを毎月のように実施しているので、公式サイトをマメにチェックするようにしましょう。

ガッカリしない医療脱毛クリニックの選び方とは?

ガッカリしない医療脱毛クリニックの選び方とは?

医療脱毛クリニックの選び方について考える
20年前、脱毛に対する世間の評判は芳しいものではありませんでした。「勧誘が強引でしつこい」「施術がとにかく痛くて耐えられない」などなど……。
しかも施術料が恐ろしく高く、お金持ち限定の美容術、というイメージがあったのです。

ところが今や女子高生でも施術に通うほど、脱毛は一般に浸透しました。かつての悪評を考えると、隔世の感があります。

自分も脱毛にチャレンジしたい、という人も日々増えていますが、施術を受けるとなると行き先は2つあります。
脱毛サロン、そして医療クリニックです。

派手に宣伝されていることもあって、かつてはサロンを選ぶ人が圧倒的に多かったのですが、最近では医療クリニックならではのメリットも広く知られつつあり、どちらにするか迷っている人も少なくないようです。

そこで、このページでは医療脱毛クリニックを特集することにしました。
その脱毛技術の特徴や、利点・難点、そしてクリニックを選ぶ際の注意点など、様々な役立つ情報を紹介していきます。

クリニック脱毛の詳細について

医療脱毛クリニック脱毛について
現在のところ、日本で脱毛機器による施術をやっているのは、サロンと医療クリニックしかありません。もしクリニックの方に通うなら、その特徴を把握しておいた方がいいでしょう。

1)脱毛にレーザー光線を用いる

特殊な光線で脱毛をおこなうところはクリニックもサロンも同じです。しかし、クリニックの場合、その光線がレーザーであるところが最大の特徴です。

レーザーによる脱毛の可能性を発見したのは、ハーバード大学ウェルマン皮膚研究所のロックス・アンダーソンとJ・A・パリッシュ。2人が1983年、科学雑誌「サイエンス」に発表した「選択的光熱凝固理論」は、紀元前3000年前から続く脱毛の歴史に新しい時代をもたらしました。

それまで脱毛といえば、毛穴サイズの電極(プローブ)を用いた「美容電気脱毛」(別名「ニードル脱毛」)が主流でした。これは「電気分解脱毛法」と呼ばれるもので、チャールズ・E・ミッチェルというアメリカの眼科医が1875年に考案。プローブによって毛包に直流電流を通し、発毛器官を凝固化します。

その後、ポール・N・クリーという人物がこの方法を改良して一般に広めますが、なにしろ毛穴のひとつひとつに電極を挿入していくために時間がかかり、それだけ施術コストも高くなってしまいます(例えば、両脇だけの脱毛でも20万円は必要でした)。
しかも毛包に直流電流を通す時に激しい痛みが伴うため、顧客も精神的肉体的に我慢を強いられます。

この状況を劇的に変化させたのが、レーザー脱毛の登場でした。

レーザー脱毛はその名の通り、レーザー光線の特性によって発毛を防止する脱毛方法。レーザー光線というのは他のライトのように多種の波長を含有しない単色光で、射出されても拡がっていかず、どこまでも一直線に進みます。

最も重要な特性は、レーザーが波長によって一定の色だけに反応する、という点。つまり、ある色のついた細胞に波長を調整したレーザー光線を射出すると、吸収されて熱エネルギーに変化し、その細胞にダメージを与えられる、ということです。

脱毛に使用する際は、毛に3%だけ含まれているメラニン色素に反応するよう、波長を気体や結晶のレーザー媒質によって700nm〜1000nmに調整します。
この状態でムダ毛に照射されたレーザー光線は黒いメラニン色素に吸収されて熱エネルギーに変化。その熱は65度から70度になります。

この高熱が発毛をつかさどる組織(毛母細胞や毛乳頭)を死滅させ、肌がツルツルになるのです。

この方法の長所は、あくまで破壊されるのはムダ毛の毛根だけであり、表皮の組織にはダメージを与えない、というところです。 施術もレーザー光線を照射するだけなので、たいへん効率的。美容電気脱毛のような面倒な手間は不要です。

開発当時、レーザー光線の種類はひとつだけ(ルビーを媒質に用いたもの)でしたが、今はダイオード、YAG、アレキサンドライトなど、様々な媒質を用いたレーザーがあり、毛の性質や部位に応じて選ぶことができます。

2)永久脱毛が可能

脱毛に関してはまだまだ誤解も多く、「脱毛の器械で光を1回当てれば、その箇所のムダ毛は一生伸びてこない」と思い込んでいる人がいます。

しかし、毛を作り出す毛球部分は頑丈な組織で、多少のダメージを受けてもその機能は失われません。1回の照射くらいでは損傷の程度もわずかで、さらに毛には毛周期という成長サイクルがあるため、それに合わせて照射を続ける必要があります。そうやって2ヶ月に1度くらい施術をコツコツ継続するうちに毛の本数が減少し、数ヶ月から数年経ってようやく脱毛が終わるのです。

サロンでも毛球部分にアプローチする光線を用いますが、そのパワーが制限されているために、発毛器官は一時的に弱まるだけです。
施術から数年もすると毛球部分は復活し、ムダ毛がまた生えてきてしまいます。

その点、医療クリニックでは強力なレーザーを用いるため、毛球部分が完膚なきまでに破壊される可能性が高くなっています。つまり、いわゆる「永久脱毛」ができるわけです。

3)医師でないと脱毛ができない

上で説明した通り、サロンの脱毛方法は理論的にはクリニックのものと似ていますが、使っている光が違うためにレーザー脱毛とは呼べません。サロンの光とレーザー光線をパワーの上で比較すると、銃弾と砲弾ほどの違いがあります。
サロンの脱毛士に特別な資格がいらないのも、施術時の危険度が低いためです。

一方、レーザー脱毛は光線が細胞を破壊する威力を秘めているので、少しのミスが深刻な火傷につながりかねません。そのためマシンを操作するのは、万一の事故に対応できる医師に限られています。もちろん、応急処置ができる器具などもそろっているので、その点でも安心です。

医療脱毛の利点・難点

利点・難点

利点

・医師が施術にあたるため、万が一事故が起こっても対処してもらえる
・サロンよりも脱毛効果が優れていて、毛深い人でも無毛にできる
・脱毛に要する日数が短く、施術回数もサロンほど多くない

難点

・安価なプランの多いサロンと比べると、料金がかなり高め
・部位によっては痛みが激しく、施術に嫌気がさす
・毛膿炎、炎症といった肌トラブルが生じることがある

医療クリニックと脱毛サロンの違いについて

クリニックと脱毛サロンの違いに関しては少しだけ説明しましたが、ここで相違点をさらに書いてみます——

費用

昔からサロンは派手な広告を女性雑誌に載せていますが、そこには目をひく巨大な文字で「キャンペーン価格」「○日まで限定ディスカウント」などと書かれています。これでお分かりのように、サロンの最大のセールスポイントとなっているのはその施術料の安さです。

一方、クリニックは医療機関という事情もあって、料金が大幅にディスカウントされることはまずありません。

ここで、脱毛完了に至るまでサロンと医療クリニックでは費用がいくらかかるのか、一覧にしてみましょう。

最初に脱毛サロンから。全国にたくさんの店舗がある有名サロン20社の公式サイトから、部位別の平均費用を計算してみたところ——

・顔…41,033円
・ワキ…16,833円
・うなじ…19,000円
・VIO…58,633円
・腕(ヒジ上)…47,800円
・腕(ヒジ下)…48,600円
・足(ヒザ上)…56,300円
・足(ヒザ下)…55,100円
・背中(上下)…71,600円
・全身…164,700円

という結果になりました。

続いて医療クリニックです。こちらはネット検索でよくヒットする20院の平均費用を計算しました——

・顔…131,325円
・ワキ…14,825円
・うなじ…57,250円
・VIO…67,975円
・腕(ヒジ上)…83,375円
・腕(ヒジ下)…82,500円
・足(ヒザ上)…108,750円
・足(ヒザ下)…100,500円
・背中(上下)…91,917円
・全身…401,945円

比較して分かるように、医療クリニックの料金は脱毛サロンよりずっと高くなっています。特にその価格差が極端なのが顔脱毛で、クリニックの費用はサロンの3倍以上です。

効果

上記の通り、サロンとクリニックでは脱毛に用いる方法が違うため、効果についても相当な差が出ます。

現在主流となっているサロンの脱毛方法は、IPL脱毛、SHR脱毛、SSC脱毛、ハイパースキン法の4つです。

IPL脱毛はサロンで最も採用率の高い脱毛方法で、光脱毛、フラッシュ脱毛と呼んでいるところもあります。ワンショットあたりの照射範囲が広いため、腕、脚、背中といった大きな部位に最適です。照射出力が抑えてあるので、痛みも軽くなっています。

他の方法も利点・難点が色々ありますが、注意したいのはサロンの脱毛が正しくは「減毛」「抑毛」だという点。部位がツルツルになったとしても、その効果は数年しかもちません。

一方、医療クリニックで使われるレーザー光線はサロンとは比較にならない破壊力を秘めていて、毛が再び生える可能性が低くなります。

保証

保証だけは、クリニックと脱毛サロンの2者でさほど差はない、と言えます。

納得ゆくまで施術を続けられる「永久保証」、有効期限をある程度まで延ばせる「期間保証」、中途解約する時に一部の前払金を払い戻す「返金保証」などは、クリニックとサロンの両方のプランに備わっています。

ただ、条件は各クリニックによって異なる部分があるので、公式サイトでしっかりと確認しておきましょう。

その他

サロンとクリニックの違いを述べる際、結構見落とされがちなのが支店(支院)の数です。

「それって何が重要なの?」と思われるかもしれませんが、脱毛というのは、部位をツルツルにするまでどうしても長い日数がかかります。狭い部位でも数ヶ月、さらに手間のかかる組み合わせプランになると、数年間は施術場所に通わなければなりません。

なにしろ長い期間なので、人によっては生活環境が激変する場合もあります。引っ越しや転勤がそうですが、転居先にそれまで施術を受けていたクリニックの支院がないため、前払いしておいた料金がムダになるケースも出てきます。

狭い部位なら数万円ほどですむかもしれませんが、全身脱毛のような大掛かりなコースだと、前払い金の合計が20万円を越えることも珍しくありません。できるなら、転居先でもそれを活かしたいでしょう。

有名サロンなら全国に店舗が多いため、引っ越し先でも引き続いて施術を受けられる可能性が高くなります。ところがクリニックは経営規模の小さなところがほとんどで、転居先に支院がない場合も多いようです。

ということで、もし転居・引っ越しの多い人が脱毛したいなら、クリニックよりも大手サロンの方が向いているかもしれません。

医療脱毛クリニックを選ぶ時の注意ポイントとは?

注意ポイントとは?

施術料はいくらかかる?

医療クリニックで脱毛しよう、と決めた時、まず知りたくなるのはその施術コストでしょう。

すでに書いたように、医療クリニックはサロンに比べて割高ですが、たとえばコマーシャルで有名な「湘南美容外科クリニック」は、初回の部分脱毛がかなりお得になっています。特に両脇など、施術料は1,000円ですみます(回数は6回)。

このように一部の部位に限り、格安で施術してくれるクリニックは他にもあるので、ぜひネットなどで確認してみて下さい。

痛みの対処は?

レーザー脱毛の大きな欠点が、施術に伴う痛みです。最近では何とか対処しようと、新しく考案された機器を導入しているクリニックもあります。

「レジーナクリニック」では最新機器である「ジェントルレーズプロ」を使っています。
これは施術箇所を冷やすことで痛みを軽減。しかも麻酔代もいりません。痛みをとにかく避けたい、という人には最適でしょう。

支院はどれだけある?

クリニックの支院の数も重要なポイントです。

それだけ繁盛している、ということで安心感が違いますし、予約も取りやすくなります。

たとえば「リゼクリニック」は特に支院数が多く、引っ越ししてもそのまま施術を継続できる可能性が高くなっています。

以上、医療脱毛クリニックに関して、選び方のポイント、その脱毛技術などを細かく紹介してみました。いかがだったでしょうか。

「施術時の痛みが心配」「費用が高い」といった理由から医療クリニックを避ける人も少なくないと思います。
しかし何よりも脱毛効果を求めるなら、クリニックに勝るものはありません。

どうかこのページを参照しながら、自分に合った医療クリニックを選んでください。

家庭用脱毛器を買う時に損をしないポイントとは?

最近は脱毛することに抵抗を覚える人が少なくなりました。
サロンや医療クリニックも繁盛していますが、家庭用脱毛器などは非常に売れていて、大きな市場となっているそうです。

「自分も脱毛器を買ってみようかな」という方もいるでしょう。ただ、まだ安いとは言いにくい商品ですし、目移りするほど種類があります。買って後悔しないためにもその特徴や長所・短所について、しっかり理解する必要があります。

そこで、このサイトを作りました。
家庭用脱毛器の購入を考える人のために、その選び方のコツなどについて説明していこうと思います。

家庭用脱毛器はありがたい器具

家庭用脱毛器
ムダ毛処理のツールには色々ありますが、それらは2つに大別できます。つまり、カミソリ・クリーム・電気カミソリなど、肌表面の毛だけを処理するものと、毛抜き・ワックス・脱毛テープなど、ムダ毛全体を毛根部分から引き抜くものです。

これらのうち、カミソリなどは「除毛」にあたり、正確には「脱毛」とは言えません。
そして毛抜などは「脱毛」といえば「脱毛」ですが、ムダ毛はその後も生え続けます。

ということで、これまでムダ毛の成長を阻害するには、サロンや医療クリニックで施術してもらうしか手がありませんでした。

そんな時に発明されたのが、家庭用脱毛器です。これはムダ毛に悩む人にとっては大ニュースでした。

何しろサロンやクリニックで施術してもらう場合、施術完了までに数ヶ月から数年はかかります。
その間にイヤになってやめる人も多いですし、その契約料・施術料が10万円以上かかることも珍しくありません。

それが家庭用脱毛器だと、ずっと格安でプロ並の処理ができるのですから、すぐにベストセラーになったのも納得できます。

ただ、1番安い機種でも2万円弱の値段ですから、買うとなると、どれを選ぶかは慎重にならざるを得ません。

以下の選び方のコツや長所・短所をしっかり把握して、自分の目的に合った機種を見つけ出して下さい。

選ぶ際に注意すべきポイントとは?

注意すべきポイント
家庭用脱毛器は、機種や方式によって効果のあらわれ方が明確に違ってくる商品だと言われています。「バーゲンをやっていて価格がすごく安かったから」「色もデザインも自分のセンスに合っていたから」といった理由で安易に購入すると、結果的にガッカリするケースが多いようです。

家庭用脱毛器の購入で失敗しないためにはどうしたらいいのか、その注意ポイントを述べてみます——

使い勝手の良さも大切

ネットで家庭用脱毛器に関する口コミを調べてみると、

「『ムダ毛の手入れが効率的にできる』ということだったので買ってみました。でも私には照射部分が重すぎて、ちょっと使うだけで手が疲れます」

「照射口が小さく、ワンショットで処理できる範囲が狭すぎます。おかげで手入れにやたら時間がかかります」

「動作音が思ったよりも大きく、近所迷惑になるので夜中に使うのは控えています」

などの「ガッカリ」口コミが目立ちました。このように「使用感がよくない」という不満から、せっかく手に入れたにもかかわらずいつの間にか使用をやめてしまった、という人も少なくないようです。

こんな悲しい目にあわないよう、あらかじめ照射面積、連射機能、最大出力レベル等については公式サイトでしっかり把握するようにしましょう。また近場に家電店やディスカウントショップがあるなら、試しに脱毛器を触ってみて、重さが一体どれくらいなのか調べた方が無難です。

コストパフォーマンスはいいかどうか

脱毛器購入でよくあるパターンは、格安の値段で本体を手に入れて喜んでいたのに、消耗品であるカートリッジの費用が予想以上にかかってガッカリしてしまう、というもの……。

家庭用脱毛器は2万円弱のものから、10万円以上のハイレベルなものまで色々なタイプがそろっていますが、使用ごとに消耗していくカートリッジのコストを忘れてはいけません。

購入する前には、本体価格・プラス・カートリッジのコスト、そしてその交換頻度について、しっかりと調べておきましょう。

脱毛効果をあらかじめ知っておく

脱毛サロンと医療クリニックでは施術に使うマシンの方式が違いますが、家庭用脱毛器でも各機種で異なる方式が採用されています。現在よく使われているのは、フラッシュ式、レーザー式、超音波式の3つですが、それぞれに得手不得手があります。

どのパーツをお手入れしたいのか、あるいはどれだけ効果をあげたいのかは使う人によって違いますから、各方式の特徴を理解しておいた方がいいでしょう。

また、「どれくらいで1回の処理が終わるのか」「顔・VIOなどのデリケートなパーツにも使用可能か」といった細かいポイントについても、なるべくチェックしておくべきです。

以上、使用感、コスパ、脱毛効果の3つに関しては、確実に心に留めておきましょう。

脱毛器の使用についてのメリット&デメリット

メリット&デメリット

メリット

・サロンやクリニックの半額以下の費用で脱毛ができる
・施術場所に出かける必要がない
・他人に見られずに手入れできる

デメリット

・背中などの部位は手伝いが必要
・ひとりで作業をするために飽きやすい
・肌トラブルの予防&対処を自分だけでやらなければならない

家庭用脱毛器によって永久脱毛はおこなえるのか?

永久脱毛はおこなえるのか?
大抵の家庭用脱毛器は、サロン、クリニックのマシンと脱毛のメカニズムという点では変わりません。ただ、火傷などの肌トラブルが起きないように照射出力がかなり控えめになっています。ですから、永久脱毛はできません。

なお、意外に勘違いしている人が多いのですが、サロンで受ける施術は正しく言えば「抑毛」です。発毛器官はあくまで弱体化するだけなので、数年も経てば毛は再生します。

どうしても永久脱毛をしたい場合は、医療クリニックでレーザー脱毛器による施術を受けましょう。

脱毛方式の種類にはどんなものがある?

今のところ、家庭用脱毛器の方式は数種類です。それらについて紹介してみましょう——

フラッシュ式

これはサロンのマシンと同一のもので、9割ほどの家庭用脱毛器で使われています。肌に特殊な光(IPLと呼ばれます)を照射すると、表皮の奥に隠れた毛根部位が熱エネルギーにより弱体化。
日数をかけて照射を続けているうちに、ムダ毛が細くなり、本数が減少していきます。

最大のメリットは光の照射口が大きく、ワンショットごとの処理面積が広いこと。そのためスピーディな手入れが可能です。打ち漏れも少ないため、足・腕などの大きなパーツを脱毛するには最適です。

照射出力も抑えられているので、火傷などの肌トラブルも起こりにくくなっています。もちろん痛みもほとんどありません。

デメリットは脱毛を完了するまで長い日数がかかることですが、それでも約1年間照射を続ければ、肌がほとんど無毛状態に変わります。

レーザー式

レーザー式脱毛は、医療クリニックの器械と同じ方式です。肌に直接照射されたレーザー光が、ムダ毛に含まれるメラニン色素に反応。その結果、毛母細胞、毛乳頭などの部位が熱に包まれて発毛機能が低下します。

狭い範囲内に光が集中するため、フラッシュ式より効果的な脱毛ができます。指、顔の一部、それに剛毛などを処理したい人にもってこいです。

脱毛完了に要する日数も短か目で、2週間に1回照射を続ければ、3ヶ月くらいで効果があらわれます。

ただ広い部位だと、1回の照射に手間と時間がかかりますし、打ち漏れも起きやすくなります。

また厄介なデメリットなのが、照射時の「痛み」です。ネットでも「『痛い!』と思わず声が出た」「照射直前はドキドキしてしまう」といった口コミが目立ちます。

特に脇、デリケートゾーン、骨付近のスネなどの部位は相当痛いので、照射出力を抑え気味にした方がいいでしょう。

また、ホクロ・シミにはレーザーが反応することがあるので、シールなどで覆うか、照射を避けて下さい。

高周波(超音波)式

高周波脱毛器はピンセットのような先端(ピッカー)でムダ毛をはさみ、そこに微弱な電流を通すことで脱毛をおこないます。光を使った方式ではないので、額の生え際、眉といった目に近いパーツのお手入れが可能です。

また、光による方法では処理できない毛(白髪、日焼け肌のムダ毛)も、高周波なら対処可能です。

ただ、1本ずつの処理になりますから、広い部位には向きません。なるべく早く手入れをおこないたいという人には、フラッシュ式の方をおすすめします。

以上述べてきた方式は、すべて毛根に損傷を与えて脱毛をおこないます。そしてそれらとは種類が違うのですが、やはり「脱毛器」という名前がつけられている「サーミコン(熱線)式」「ローラー式」についても少し述べておきます。

サーミコン式脱毛器は、ヘッド内蔵の熱線によってムダ毛を焼くというものです。
あくまで表面から伸びている部分を処理するだけで、毛根には変化はありません。
つまり正確には「除毛」というわけです。

ただ、焼くことで毛先が丸くなるので、カミソリによるチクチクが苦手な人には助かるでしょう。

最後に「ローラー式」です。これは肌にローラーを転がしてムダ毛を引き抜きます。

つまり毛抜と同じなのですが、広範囲を手早く処理できるのがメリットです。もちろん毛穴や肌へ大きな負担をかけるため、推薦はできかねます。

代表的な家庭用脱毛器の値段は?

家庭用脱毛器の値段は?
家庭用脱毛器を買おうと決めた時に最初に気にかかるのが、その価格だと思います。

そこで公式サイトのデータを元にして、代表的な家庭用脱毛器の値段を下にまとめてみました(照射面積と1ショットあたりの単価のデータも一緒に記します)。

・ケノン
価格……69,800円(税込)
照射面積……9.25平方センチ
1ショットあたりの単価……0.04〜0.59円

・シルクエキスパート
価格……49,299円(税込)
照射面積……6平方センチ
1ショットあたりの単価……1.78円

・4x
価格……38,999円(税込)
照射面積……1平方センチ
1ショットあたりの単価……0.08円

・ラヴィ
価格……40,000円(税込)
照射面積……6平方センチ
1ショットあたりの単価……0.24〜0.61円

・レイボーテグランデ
価格……116,640円(税込)
照射面積……12平方センチ
1ショットあたりの単価……0.05円

・ルメア・プレステージ
価格……57,998円(税込)
照射面積……4平方センチ
1ショットあたりの単価……0.20円

・光エステ
価格……25,200円(税込)
照射面積……5.4平方センチ
1ショットあたりの単価……0.29円

最も安いのは光エステの25,200円となります(ちなみに脱毛器と名前のついている製品にはもっと安いのもあるのですが、それらは正しくは「除毛器」なので除外しました)。

最も高いのはレイボーテグランデの116,640円。ハイグレードの機種と言っていいでしょう。

またすでに説明したように、購入する時は消耗品であるカートリッジの存在を考慮することが必要です。ここには記載しませんでしたが、カートリッジの値段がいくらなのか、自分でチェックしておきましょう。
本体価格・プラス・カートリッジの総計を比較することで、本当の値段の違いが分かります。

そして、1ショットあたりの単価も忘れないで下さい。上記の数値を見て、「1ショットあたりのコストの違いなんて、ほとんどない」と考えてしまう人がいるかもしれませんが、脱毛は1回だけでは終わらず、2週間の間を置いて照射を続ける必要があります。

つまり、ワンショットの少しの違いでも、何回も繰り返すことで馬鹿にできない大きな差となります。

最後に「照射範囲」も参照すべき数値です。
1回の照射範囲が大きくなればなるほどショット数は減少しますから、カートリッジの費用も安くなります。

上のデータでは4xだけが極端に照射範囲の数値が小さくなっていますが、これは4xがレーザー式の脱毛器だからです。フラッシュ式のレイボーテグランデやケノンの数値とは、あまりに違いすぎて比較になりません。

広い部位のムダ毛を手入れしたい人など、各機種の照射コストと面積がどれくらいなのか、よく理解しておきましょう。その上で、なるべくお得な機種を購入して下さい。

以上、家庭用脱毛器の長所と短所、選び方のポイントなどについて紹介してみました。いかがだったでしょうか?

上で説明したように、家庭用脱毛器はその機種や脱毛方法によって用途・効果が異なります。また本体のほか、消耗品であるカートリッジのコストをしっかりチェックしておくことも大切です。

ぜひ自分に合った機種を選び、ステキな脱毛生活を送って下さい。