2017年 11月 の投稿一覧

ワキガになる原因とレーザー脱毛によってワキガを改善可能である理由について

脱毛でワキガで改善することができるのか

ワキガが気になる女性
脇毛が生えていると脇の汗が蒸発しにくくなる影響により、脇下が蒸れやすいです。

そのため、脇毛に汗が溜まることになるので、脇毛を手入れしないと雑菌が脇毛に多く繁殖するようになります。

なので、脇下が汗で湿るほど雑菌が繁殖することになるので、ワキガの原因を招くだけでなくワキガの臭いを強める原因にもなります。

よって、普段から脇毛の手入れを行うことは、ワキガの原因となる雑菌の繁殖を抑えるだけでなく、ワキガの臭いを抑えることにも結びつきます。

けれども、脇毛はアポクリン腺と一体化しているので、脇毛の手入れを行っても脇から汗が出る状態のままとなります。

そのため、自己処理で脇毛を処理しても脇毛の毛根を破壊できないので、毛根を破壊するなら脱毛施設に通うのが最善です。

なぜなら、サロンやクリニックといった脱毛施設での脱毛は、毛根を破壊するので脇毛を生えにくくする他にもワキガを改善できるからです。

レーザー脱毛がおすすめ

また、医療機関となるクリニックでのレーザー脱毛は、レーザーを肌に照射することでレーザーがメラニンに反応する仕組みとなります。

よって、レーザーがメラニンに反応すると毛根を破壊することで、脇毛を生えにくくすることが可能となります。

その上、レーザー脱毛では脇毛の太さに合わせてレーザーを使い分けるので、光脱毛より脱毛効果に優れます。

アンダーヘアの脱毛で重要なのは清潔かどうか!

アンダーヘアの脱毛

アンダーヘアの脱毛
アンダーヘアの脱毛って女性なら誰しもが気になったことはあるとおもいます。実際、自分もかなり気になるところではありますし、また薄さだったり形だったりというのは気になる所ではあるとおもいます。他の人との比較もできない場所になりますし、人に聞くこともできない場所にはなるし。というようなかなり難しい「ところではあるとおもいます。しかし、脱毛サロンのお姉さんに聞いたところ、T字カミソリで行ってしまうのが一番肌への負担等増えてしまうのでいけないパターンだそうです。

アンダーゾーンはトラブルを招きやすいところ

アンダーヘアって毛1本自体もかなり太くなっている場所なので、自己処理だけで終わらせてしまう事が一番肌へ負担になり、かつトラブルを招きやすいところではあるそうです。アンダーヘアあたりというのは雑菌も多く、その中で間違った方法での処理をしてしまうことで、その雑菌が毛穴の中に入り込んで炎症を起こしてしまうので、ニキビのようなものになりやすいんだそうです。レーザーでの脱毛方法を用いることが一番簡単であり、その中でもかなり効果を発揮してくれるものなので安全かつ簡単に脱毛をするにはレーザーが一番いいそうです。自己処理を施すとしたら、それは電動カミソリでの自己処理がオススメというのを聞きました。しかし、一度はさみなどで長さを「カットした後に、そノアと電動カミソリというのが一番自己処理の中では効果的な方法だそうです。清潔かつ肌に負担のかけない方法で、アンダーヘアは処理してきましょう。

脱毛サロンの勧誘の上手な断り方は過去に失敗した体験談を話すと良い?

脱毛サロンの勧誘をスマートに断る

脱毛サロンの勧誘の上手な断り方の1つには、こういった勧誘を受けて乗ってしまい、失敗したという体験談を話すと効果的だと思います。

他の脱毛サロンを利用して、勧誘を受けて、その勧誘の話に乗って、申し込みをしてみたが、満足を得ることはできなかったといった経験をしている人は実際にいるでしょうし、その話自体は不自然ではないと思うのです。

そして、そういった経験を過去にしている人は、やはり1度失敗しているだけに、同じ失敗は2度としたくないと思っているはずだと、脱毛サロン側も考える可能性があります。

したがって、脱毛サロンの勧誘に対して、そういう話をしておくと、向こうもそれ以上勧誘を続けづらくなる可能性があります。

同じ失敗はしたくないとという姿勢

勧誘を断る女性
やはり1度失敗している人に、また同じような勧誘をするというのも若干気が引けるでしょうし、過去に1度失敗しているだけに、もう勧誘には乗らないと頑なに拒絶をしていれば、それ以上勧誘をしてもしょうがないという発想になる可能性もありますから、こういった方法で断るのも良いのではないでしょうか?

うちの脱毛サロンは失敗しない、絶対に満足させてみせると、向こうも引き下がらない可能性もありますけど、何度説得されても、同じ失敗はしたくないと拒否の姿勢を続けていれば、いずれは脱毛サロン側も諦めてくれるのではないでしょうか?

産後の脱毛施設での脱毛の注意点

出産後のムダ毛の処理について

産後の女性
産後は、妊娠の影響により男性ホルモンの割合が多くなります。

なぜなら、妊娠中は胎児の体に女性ホルモンが行き渡る状態となるからです。

また、男性ホルモンが多いとムダ毛が濃くなる上に、ムダ毛が生えやすくなります。

他にも、産後は肌にも影響を与え、外部からの刺激を受けやすく乾燥しやすい状態の肌となります。

そのため、妊娠前にサロンやクリニックに通っていた人は、ホルモンバランスが整うまで利用を休むことになります。

サロンの光脱毛は、肌に光を照射して毛根部分を破壊する脱毛となりますが、産後は毛根細胞が機能していないので脱毛効果が薄いです。

そして、クリニックのレーザー脱毛でも、脱毛の仕組みが光脱毛と同じなので産後はホルモンバランスが整うまでは利用を断られることになります。

つまり、妊娠前に脱毛施設に通っていた人は、ホルモンバランスが改善されるまで脱毛施設の利用を我慢する必要があります。

けれども、脱毛施設の利用を休んでも店によっては無料で休むことができます。

ニードル脱毛には注意

産後から半年経ってホルモンバランスが改善されることで、毛根細胞も機能するようになります。

そのため、脱毛施設での利用を再開することが可能となります。

ただし、クリニックで受けれるニードル脱毛は、光脱毛やレーザー脱毛より肌に痛みを伴うのでホルモンバランスが整ってもお勧めされません。

なぜなら、ニードル脱毛は毛1本1本に針を刺して電流を流す脱毛となるので、赤ちゃんの面倒を見る時間と両立させるのが困難だからです。

自己処理する人は要注意! 埋没毛ができる原因と処理方法

埋没毛について

埋没毛に悩む女性
永久脱毛をしない限り毛深い人ほど、ムダ毛のお手入れの仕方で悩んでしまうことがあります。

しかし素人がカミソリやシェーバーにてムダ毛を処理してしまいますと、稀にですが埋没毛になってしまうこともあります。

埋没毛とは、文字通りにムダ毛が皮膚の中に埋まってしまうことで、酷いと埋まってしまったままムダ毛が伸びてしまうことから、次に処理したくでも難しくなってしまいます。

原因としては脱毛する際にカミソリや毛抜きを使い、ムダ毛と一緒に毛穴が開いてしまったり皮膚の表面が傷ついてしまったけど、再びムダ毛が生えてくる前に毛穴が塞いだり傷が塞いで真っ直ぐに伸びることができなくなってしまったのです。

だからといって埋没毛を爪や毛抜きを使って無理やり出して処理をしますと、新たに傷ができてしまったりシミになってしまい、肌にとっても良くないことから正しい処理する方法を紹介します。

保湿はしっかり

埋没毛になりましたら、肌の状態を確認して乾燥してしましたら予め保湿しましょう。

その次に皮膚の表面に付いた角質を落とすためにピーリングをし、汚れを落とし皮膚が柔らかくなってきますと少しずつ埋没毛が出てくるようになってきます。

埋没毛が出ましたら、カミソリや毛抜きではなく電気シェーバーを使ってカットすることで、ある程度肌が傷つくことなく処理することができます。

ただ敏感肌の人の中には、ピーリングによって逆に肌荒れになってしまうこともありますので、その場合は最初から専門家にて相談し適切な処理をしてもらいましょう。